シェアする
    DCコミックス

    Cassandra Cainカサンドラ・ケイン

    生まれた時から、究極の殺人マシンとして訓練をしたカサンドラ・ケインは、4代目バットガールそして、最終的にバットマンファミリーの一員として大切にされている。

    バットマンファミリーの中で、良い幼少期を過ごした人は誰もいない、中でもカサンドラ・ケインは最悪かもしれない。

    独裁的、虐待的な父親であり、世界的な暗殺者デビッド・ケインの支配のもとで育ち、話すことさえよりも先に、まず暴力を教えられた。
    カサンドラは、かつて全く口がきけず、読むこともできなかった。
    彼女の父親は、完璧な武器になるための訓練に言語や読み書きは、記憶と脳のスペースの無駄だと考えていたからだ。
    彼女の戦う能力、それは彼女にとって“母語”だった。

    しかし、父親から虐待を受けたにも関わらず、カサンドラは良いこと、悪いことの違いを理解していた。
    彼女は年をとるにつれて、父親の仕打ちに気づき、彼を避け、人生が永遠に変えられるゴッサム・シティに逃げた。
    バットマンと彼の仲間に彼女自身の力を証明した後、カサンドラはバットマンの翼の下、彼女がヒーローになるためのユニークな能力の使い方を教えられた。

    キャラクター情報

    特殊能力 卓越した武道家, 優れた戦士, 最高の俊敏さ, 戦略, 武器のエキスパート
    拠点 ゴッサム・シティ
    初登場 BATMAN #567 (1999)
    関連キャラクター

    カサンドラ・ケイン