ミッシング

作品情報

ミッシング 日本  ©︎2024「missing」Film Partners

愛する娘が失踪した。これは今を生きる<わたしたち>が、光を見つける物語。

主演:石原さとみ × 監督・脚本:吉田恵輔
異色のケミストリーが肉迫する、限りなく哀しくて愛しくて優しい魂の行方。
 
2022年の出産後、1年9ヶ月ぶりの芝居に臨んだ石原さとみが主演を務め、 『空白』(21)、『愛しのアイリーン』(18)、『ヒメアノ~ル』(16)の吉田恵輔がオリジナル脚本でメガホンをとった本作は、常に観客に衝撃を与え、想像力を刺激する作品を発表し続ける吉田恵輔が、雑音溢れる世の中で生きるわたしたちが抱える問題をえぐり出し、失ってしまった大切なものを取り戻していく人々の姿を、リアルにかつ繊細に描いた感動作。
 
石原さとみは、娘の失踪により徐々に心を失くしていく母親・沙織里を演じる。さらに、娘の行方を探し続ける家族の取材を真摯に続ける地元テレビ局の記者・砂田役に中村倫也、妻・沙織里との温度差から夫婦喧嘩が絶えなくなる夫・豊役に青木崇高、美羽が失踪した日、最後の目撃者となった沙織里の弟・圭吾役に森 優作。その他、小野花梨、細川 岳、有田麗未(ありたつぐみ)、小松和重、カトウシンスケ、山本直寛、柳 憂怜、美保 純ら、豪華キャスト陣が集結した。

ストーリー:

わたしたちは、心を失くしてしまったのか?
 
とある街で起きた幼女の失踪事件。あらゆる手を尽くすも、見つからないまま3ヶ月が過ぎていた。娘・美羽の帰りを待ち続けるも少しずつ世間の関心が薄れていくことに焦る母・沙織里は、夫・豊との温度差から、夫婦喧嘩が絶えない。唯一取材を続けてくれる地元テレビ局の記者・砂田を頼る日々だった。そんな中、娘の失踪時、沙織里が推しのアイドルのライブに足を運んでいたことが知られると、ネット上で“育児放棄の母”と誹謗中傷の標的となってしまう。世の中に溢れる欺瞞や好奇の目に晒され続けたことで沙織里の言動は次第に過剰になり、いつしかメディアが求める“悲劇の母”を演じてしまうほど、心を失くしていく。一方、砂田には局上層部の意向で視聴率獲得の為に、沙織里や、沙織里の弟・圭吾に対する世間の関心を煽るような取材の指示が下ってしまう。それでも沙織里は「ただただ、娘に会いたい」という一心で、世の中にすがり続ける。その先にある、光に——

クレジット:

石原さとみ
青木崇高 森優作 有田麗未
小野花梨 小松和重 細川岳 カトウシンスケ 山本直寛
柳憂怜 美保純 / 中村倫也
監督・脚本:吉田恵輔 音楽:世武裕子
製作:井原多美 菅井敦 小林敏之 高橋雅美 古賀奏一郎
企画:河村光庸 プロデューサー:大瀧亮 長井龍 古賀奏一郎 アソシエイトプロデューサー:行実良 小楠雄士
撮影:志田貴之 照明:疋田淳 録音:田中博信 装飾:吉村昌悟 衣装:篠塚奈美 ヘアメイク:有路涼子
スクリプター:増子さおり 助監督:松倉大夏 制作担当:本田幸宏 編集:下田悠 音響効果:松浦大樹
VFXスーパーバイザー:白石哲也 キャスティング:田端利江 題字:赤松陽構造
製作幹事:WOWOW 企画:スターサンズ 制作プロダクション:SS工房 配給:ワーナー・ブラザース映画

ムービー

ワーナー映画の最新情報

ワーナー映画関連ニュース

  • 19 Jun
    『ロード・オブ・ザ・リング』サウロン、アラゴルン、レゴラスにインスパイアされたファッションアイテムが…
  • 13 Jun
    6/21(金)公開『ザ・ウォッチャーズ』監視者100人集合!! 最速"覗き見"プレミアイベント開催!
  • 12 Jun
    柳楽優弥&堤幸彦監督登場!映画『夏目アラタの結婚』プチョン国際ファンタスティック映画祭にてワールドプ…
  • 12 Jun
    『はたらく細胞』12月公開決定! 赤血球役:永野芽郁 白血球役:佐藤健登壇!! 製作発表会開催!
  • 09 Jun
    初登場No.1大ヒット爆走中!映画『マッドマックス:フュリオサ』ネタバレ解説動画がYouTube公開…

あなたへのオススメ作品