はたらく細胞

作品情報

はたらく細胞 日本 ©清水茜/講談社 ©映画「はたらく細胞」製作委員会

映画史上最小主人公 、 誕生!超人気作「はたらく細胞 」実写映画化!

物語の舞台は人間の体内!世界最小の主人公=細胞たちの活躍を描く超人気漫画 、まさかの実写映画化!
人体で働く無数の細胞たちを擬人化し、彼らが病原菌と戦う姿を描く漫画「はたらく細胞」(著者:清水茜、講談社「月刊少年シリウス」所載)。その斬新かつユニークな設定が話題を呼び、『このマンガがすごい ! 2016』オトコ編第 7位、 2017年にフランスの新聞『ル・モンド』が選ぶ「この夏推薦する図書リスト」に選出されて世界中で注目を集めた。さらに 2018年 7月より始まったアニメ化を皮切りに、「はたらかない細胞」「はたらく細胞 BLACK」などのスピンオフ漫画、小説化、舞台化とその人気は拡大し続け、現在シリーズ累計 950万 部を突破!個性豊かな細胞キャラたちが繰り広げるコミカルでアツいドラマ、そして「楽しみながら勉強にもなる」学習要素も大好評を博し、大人から子供まで幅広い年代に支持されている。
 
そして「はたらく細胞」を日本映画界最大スケールで実写映画化するビッグプロジェクトを始動。監督を務めるのは、日本映画界屈指のヒットメーカー・武内英樹。数々の TVドラマヒット作を生み出した武内監督は、映画デビュー作となった『のだめカンタービレ』前後編が興行収入 78.2億円、続く『テルマエ・ロマエ』2作が 104億円、さらに2021年第43回日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞した『翔んで埼玉』が 37.6億円と超大ヒットを連発、監督 7作品の累計興行収入が230億円超という驚異的な成績を記録している。武内監督は今回の映画化に際して、「普段見ることのできない体内の世界では日々一体どんなことが起こっているのか?細胞たちの日常を、笑いと学びに溢れた壮大なスケールでお届けしたい」と意気込みを語る。また、脚本家には『かぐや様は告らせたい〜 天才たちの恋愛頭脳戦〜』『カイジ ファイナルゲーム』など20億超え作品を手掛け、武内監督と『翔んで埼玉』でタッグを組んだ徳永友一が担当。大ヒットコンビが再び集結し、笑いとアクションたっぷりに、ロマンティックでドラマティックな圧倒的「はたらく細胞」ワールドを作り上げる。普段見ることのできない 体内世界を舞台に、映画史上最小の登場人物=細胞たちの“人々の命を守る戦い”を、ファンタジックかつ壮大なスケール感で描くエンターテインメント超大作 ―笑って泣けてためになる映画『はたらく細胞』がついに動き出す!

ストーリー:

人間一人あたりの細胞の数は、およそ 37兆個体内には細胞の数だけ命を守るための仕事とドラマがある!
肺炎球菌、スギ花粉症、インフルエンザ、すり傷…次々とこの世界(体)を襲う脅威がやってくる。その時、体の中ではどんな攻防が繰り広げられているのか!?迎え撃つのは白血球、赤血球、血小板… etc. 24時間 365日休みなく、はたらき続ける細胞たち。
彼らにはそれぞれ性格と個性があり、葛藤し、成長し、友情や愛情を育んでいく。
これは、細胞たちが身体を守るために様々な細菌などの脅威と戦う物語。

クレジット:

■配給:ワーナー・ブラザース映画
■原作:清水茜「はたらく細胞」(講談社「月刊少年シリウス」所載)
■監督:武内英樹
■脚本:徳永友一
■クレジット:©清水茜/講談社 ©映画「はたらく細胞」製作委員会

ワーナー映画の最新情報

ワーナー映画関連ニュース

  • 28 Feb
    映画『ザ・ウォッチャーズ』 US予告解禁&6/21(金)日本公開決定!
  • 27 Feb
    佐々木蔵之介、齋藤飛鳥、高橋恭平(なにわ男子)登壇!『映画 マイホームヒーロー』 ≪マイホームヒーロ…
  • 19 Feb
    映画『陰陽師0』キックオフイベントin京都に山﨑賢人さんをはじめとする豪華キャストが降臨!
  • 16 Feb
    夢のオールスターキャスト大集結!『デューン 砂の惑星PART2』ワールドプレミア開催!
  • 16 Feb
    若き晴明が《史上最凶》の呪いに挑む!映画『陰陽師0』場面写真 一挙解禁!!

あなたへのオススメ作品