シェアする

    連続ドラマW  コールドケース ~真実の扉~ 連続ドラマW  コールドケース ~真実の扉~

    POINT

    凍りついた事件の記憶、隠された真実の傷跡...。未解決事件の眠る箱が開かれる時、止まっていた時間が再び動き始める...。空前のハイクオリティ・クライム・サスペンス!世界的大ヒットドラマ「コールドケース」奇跡の日本版見どころを徹底紹介!! 凍りついた事件の記憶、隠された真実の傷跡...。未解決事件の眠る箱が開かれる時、止まっていた時間が再び動き始める...。空前のハイクオリティ・クライム・サスペンス!世界的大ヒットドラマ「コールドケース」奇跡の日本版見どころを徹底紹介!!

    見どころ1 加害者、被害者、そして遺族や関係者...。交差する様々な人生を情感豊かに描く珠玉の犯罪ドラマ。 見どころ1 加害者、被害者、そして遺族や関係者...。交差する様々な人生を情感豊かに描く珠玉の犯罪ドラマ。

    全156話の平均視聴者数1000万人超!伝説的ドラマ「コールドケース」とは?

    『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズや「CSI」シリーズなどを世に送り出したスーパーヒットメーカー、ジェリー・ブラッカイマーが手掛け、米CBSにて2003年から2010年まで全7シリーズが放送されたドラマ「コールドケース」。フィラデルフィアを舞台に未解決凶悪犯罪事件(通称コールドケース)に取り組む捜査チームの活躍を描き、全シリーズの平均視聴者数が1000万人を超える大ヒットを記録した。世界中に熱狂的ファンをもつ、伝説的クライム・サスペンスドラマだ。

    交差する過去と現在。
    事件の真実のみならず、関わった人々の人間ドラマにもフォーカス!

    ふとしたことで、迷宮入りとなり人々の記憶から忘れ去られていた事件に焦点が当たる。地下倉庫に長年“凍結”されていた捜査資料の段ボール箱が開かれ、止まっていた時間の針がゆっくりと動き始める。当時の関係者への聞き込みを繰り返し、人々の過去の記憶をたどり、事件が起こった“瞬間”に近付いていく主人公たち。事件関係者たちが、なぜ、どのように事件に関わったのか、そして事件後にどんな人生を送ったのか...。過去に起きた一つの事件をめぐり、さまざまな人々の人生を描く異色の犯罪ドラマが「コールドケース」だ。

    時代の空気を再現!事件当時の様子をリアルに描いた過去シーンに注目せよ!

    捜査チームがコールドケースを“解凍”し、現在から過去へと時間を遡っていくのと並行し、ドラマでは事件の瞬間で止まっていた時間の針がゆっくりと時を刻み始める。その二つの時の流れが出会う瞬間、すべての謎が解き明かされる...。
    本作では、この二つの時間軸を行き来しながら、事件を解明し、関係者たちの人間模様を多彩に描き出す。過去シーンでは、俳優のメイクや演技、人選だけでなく、映像技術や音楽などを巧みに使い、事件当時の空気感を見事に再現。視聴者にも当時の記憶を呼び起こさせることで、ドラマとの一体感を生み出すことに成功した。

    見どころ2 個性豊かなレギュラー陣、各回を彩るゲスト陣...。本家を凌ぐ豪華キャスト陣から目が離せない! 見どころ2 個性豊かなレギュラー陣、各回を彩るゲスト陣...。本家を凌ぐ豪華キャスト陣から目が離せない!

    今最も注目される女優吉田羊、連ドラ初主演!

    主人公の石川百合を演じるのは、今もっとも旬な女優吉田羊。舞台や映画、テレビドラマなど豊富なキャリアをもつ吉田羊にとって、注目の連続ドラマ初主演作となった。自身の中に強い孤独感を抱えながら、捜査対象者の心にしっかりと寄り添っていくというスタイルで、キャスリン・モリスが演じた本家リリーとはまた違った魅力を紡ぎ出している。リリーと百合の違いや共通点を見つけることも本作の面白さの一つだ。

    それぞれの痛みと過去を背負いながら難事件を追う捜査一課の面々

    百合のチームメイトである捜査一課の面々には、個性豊かな俳優陣が揃う。百合の相棒には注目の若手俳優永山絢斗。頼れる同僚には、個性派俳優で名バイプレイヤーの滝藤賢一と光石研。父のような包容力で捜査一課の刑事たちを守るボスには三浦友和。五人が織りなすチームワークと人間ドラマは、本家に負けない日本版の魅力の一つでもあるだろう。

    各回がまるで映画並み!注目の若手から大物まで、贅沢過ぎる豪華ゲスト陣

    日本版「コールドケース」には、本家にはないスペシャルな魅力がある。それは、豪華なゲスト俳優の出演。一話一話それぞれが、まるで一本の映画のような贅沢な作りとなっている。
    仲代達矢、江波杏子といったレジェンド級の名優から、ユースケ・サンタマリア(「踊る大捜査線」シリーズ)、吉沢亮(『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』)、大野いと(『天の茶助』『兄に愛されすぎて困ってます』)、仲里依紗(『時をかける少女』「プラージュ」)、門脇麦(『愛の渦』「まれ」「火花」)、村上虹郎(「デッドストック~未知への挑戦~」『二度めの夏、二度と会えない君』)など、注目の俳優も多数出演。

    見どころ3 世界初!伝説的ドラマの日本版に挑んだ名匠たち。 見どころ3 世界初!伝説的ドラマの日本版に挑んだ名匠たち。

    完成された原作の世界観と“日本らしさ”のハイブリッドドラマ誕生!

    名作ドラマ「コールドケース」の世界で初めての“移植版”に挑んだのは、刑事もの事件ものを得意とする波多野貴文(「SP」シリーズ、「翳りゆく夏」)。多彩な人間模様を描きながら、戦後日本が辿って来た軌跡を浮かび上がらせる。
    豪華なゲスト陣同様に、脚本家も『64-ロクヨン』『感染列島』(共に監督・脚本)の瀬々敬久、『江ノ島プリズム』(監督・脚本)の吉田康弘、『ピンクとグレー』の蓬莱竜太、そして「ハゲタカ」の林宏司とビッグネームが揃う。

    テレビドラマの域を超えた映像美、人間模様に色を添える素晴らしい音楽

    日本版「コールドケース」をアメリカ版に負けない作品に仕上げたのは、『シン・ゴジラ』でその才能を世界に見せつけた撮影監督の山田康介。ドラマのキーともいえる過去シーンでは、その時代の空気感を映像で見事に再現。さまざまな技術やアイデアを駆使し、圧倒的な映像美を生み出すことに成功した。
    映像美と共に本作をドラマチックに彩る音楽を手掛けたのは、今最も旬な作曲家、村松崇継(『クライマーズ・ハイ』『思い出のマーニー』『メアリと魔女の花』)。事件当時の世情や空気感の違いを、繊細なタッチで情感豊かに描き分ける。音楽が一つのキーワードとなった本家版同様、大きな魅力の一つだろう。

    • クローザー
    • MAJOR CRIMES ~重大犯罪課
    • リゾーリ&アイルズ
    • ワーナー海外テレビドラマシリーズ Instagram
    • ワーナー海外テレビドラマシリーズ facebook
    • ワーナー海外ドラマシリーズ Twitter