映画『ジーサンズ はじめての強盗』

STORY

ジョー(マイケル・ケイン)は、離婚して戻ってきた娘とその孫と一緒に暮らしながら、親友のウィリー(モーガン・フリーマン)とアル(アラン・アーキン)とブルックリンの公園でローンボウリングをして過ごすのが日課だ。3人は40年間ウェクスラー社で働き、定年後は悠々自適な年金生活を送るはず……だったが、会社の所有者が変わったことで、彼らの年金は消えてしまった!!

映画『ジーサンズ はじめての強盗』

さらにジョーは、住宅ローンが一夜にして3倍になり、家を差し押さえられる危機に直面。銀行へ相談に行くことに。しかし、担当の銀行員はまったく聞く耳を持たず、怒りが爆発! その瞬間、マスクを着けた3人組の強盗が銀行に押し入り、客たちを床に伏せさせ、次々と現金を奪っていく。ジョーのところにも首にタトゥーのある強盗の1人がやって来きて財布を差し出すが 「年寄りを敬うのは社会の義務だ」と言って、なぜか受け取らずに去って行った。強盗たちが銀行にいた時間はわずか数分間、しかも誰も傷つけることなく、警察にも決して捕まらなかった!

映画『ジーサンズ はじめての強盗』

消えた年金、問題のある住宅ローン、これからの人生、自分たちの置かれた状況を何とかしなければならないと考えた結果、ジョーはウィリーとアルに“あの3人”のように銀行強盗をしないか? と持ちかける。まずは自分たちの強盗としての能力を試すため、いつも買い物をしている食料品店で万引きを試みるが……防犯カメラにバッチリ記録され、警備員に追いかけられ、あっけなく捕まった挙げ句、若い店長に説教されてしまう。

それでも諦めきれない3人は、盗みのノウハウを教えてくれるコーチを探すことにする。あるツテを使って、動物保護施設の運営と泥棒、2つの顔を持つ“ジーザス”という男を紹介してもらい、彼の指導のもと3人の仲間たちは銀行強盗になるための特訓をはじめる。

映画『ジーサンズ はじめての強盗』

そんななか、ウィリーは腎臓が悪く移植が必要なことを誰にも相談できず、アルは自分に好意を持っている女性との関係に戸惑いながらも、ついに! 運命の“決行”の日がやってきて──。

FOLLOW US

SHARE