シェアする
    DCコミックス

    Atomアトム

    大きなものは小さくなってやって来る。ただの昔からの決まり文句だろうか?実のところ、これはまさに真実だと知ることになるだろう…アトムについて語るのであれば。

    才能ある物理学者であるレイ・パーマー博士は、より良い世界を作るためにたゆみなく働くことで、その優れた知性を生かしていた。レイの懸命な努力によって、物質を圧縮する技術の進歩と、地球での白色矮星の残骸の発見に至った。レイは星の物質を満たした、物の大きさを変更できる特殊なベルトを作り出し、身体を原子より小さくする力を得た。このまたとない力によって、ヒーローとしての二つ名が生まれた。アトムは他のほとんどのヒーローが見ることすらできないウィルス、寄生虫、核反応などに対処することができる。電話、光ファイバーケーブル、あるいは他のヒーローや悪党(ヴィラン)の血の流れさえも利用し、信じられないほどの速度で行くべき場所にたどり着くことができる。

    アトムは研究を続け、科学的な考察および研究の最も革新的な領域のいくつかを代表する知識人となった。この知識への渇望によって、アトムは科学による問題に直面した時に頼りになるヒーローとなったが、敵が超自然的な力を持っている場合や、不合理に思われる動機に動かされている場合は、判断が曇ることがある。レイは世界の最大の難局と最小の脅威に立ち向かうことができるが、人生には説明できないことがあるということを受け入れるのに、常に苦しんでいる。

    キャラクター情報

    特殊能力 原子レベルの小型化、天才的な知能、先進技術
    本名 レイ・パーマー
    初登場 SHOWCASE #34 (1961)
    関連キャラクター

    アトム