シェアする

    2022年公開の邦画実写No.1!映画『余命10年』興行収入28.7億円突破へ!

    2022.05.09 劇場作品

    3月4日(金)より全国350スクリーンで公開となった映画『余命10年』。公開から5月2日(月)までの60日間で、累計観客動員数は2,250,811人突破! 累計興行収入は2,870,904,580円を記録!2022年公開の邦画実写の中で、興行収入No.1となりました!

    公開から9週目に突入した現在も「余命10年良すぎた」「"また観たい"って初めて思った作品。全てが素晴らしかった...」「茉莉と和人に出会えて本当に良かった。」「人の命と心に真摯に向き合う、実直で深い一人一人の感情を体験しました。」など感動の声が後を絶たない本作。また「初めて映画館で2回見た映画で、初めて1人で映画館で見た映画です。それくらい大好きな映画です」「この映画に出会えて幸せでした。4回観て4回目が1番泣きました。」「8回目行く。観ると優しくなれる本当に素敵な映画。」などの声も上がっているように、自分の心の中に残る特別の一本となった鑑賞者も多いようで、だからこそ何度も観たいと思う鑑賞者も多いことから、リピーターもまた、まだまだ増え続けています。さらに、4月29日のゴールデンウイーク初日にも「#ありがとう余命10年」がトレンド入りを果たすなど、今なおその余韻は全国へ広がり続けています。

    原作者・小坂流加の著書は既に「余命10年」を含めて105万部を突破、写真集は重版、主題歌「うるうびと」はストリーミング総再生回数約3,000万回突破するなど、映画を取り巻くコンテンツも大ヒット!聖地巡礼を行う鑑賞者も現れるなど「余命10年」旋風"が巻き起こっています。早くも今年を代表する作品のひとつとなった『余命10年』が、今後どこまで飛躍していくのか、引き続き注目ください。

    映画『余命10年』大ヒット上映中!

    あなたへのオススメ作品