シェアする

    8/26(金)公開!『DC がんばれ!スーパーペット』声優決定!特報も解禁!

    2022.04.22 劇場作品

    ちょいドジなスーパーペットたちの笑いと絆のアドベンチャー!

    人間が知らない間に突然"スーパーパワーを手に入れてしまった、ちょっとドジなペットたち"の未知なる大冒険を描く、最新作『DC がんばれ!スーパーペット』(原題:DC League of Super-Pets)が8月26 日(金)に全国公開決定!

    主人公のクリプトをはじめとする"スーパーペット"たちの日本語吹替版として、楠大典さん、高木渉さん、魏涼子さん、梶裕貴さんの出演が発表されると、豪華声優陣の共演がSNSでも大きな話題となりました!
    今回新たに松岡茉優さん、松尾駿さん(チョコレートプラネット)が日本語吹替版の声優として参加することが決定!!

    松岡さんが演じるのはちょっとドジな"スーパーペット"の一員で、"カラダの大きさを変幻自在に操れる"夢も心もビッグな乙女のブタさん・PB(ピービー)。台本を読んだ時に感じたPBの印象について「こんなに愛おしく、大好きだって思えるのは、彼女の優しいところや、屈託のないところが私にも影響したんだなと思って大事に演じました。」とキャラクターへの愛を語ると共に、「急にスーパーパワーを得るシーンは特に印象的で、他のみんなは混乱しているんですけど、PBだけは『ラッキー!こんなこともあるんだ~!』とちょっと天然ぽいところがとても愛おしくて、大丈夫!私できる!とポジティブに進んでいく姿に凄く励まされました。」と魅力を語りました。そして本作のペットたちのように、もし自分にもスーパーパワーが手に入るとしたら、どんなパワーが欲しいかと聞かれると、「PBのパワーも魅力的ですが、私は大変横着ものなので、物が吸い寄せられる能力が欲しいです(笑)」と意外な願望を明かしました!

    同じく"スーパーペット"たちの仲間で、話し方がゆっくりでのんびり癒し系だけど、目にも留まらぬ"超高速で移動する"カメのマートンを演じるのは、チョコレートプラネットの松尾駿さん。松尾さんは、自身の役が"おばあちゃんカメ"だったことについて、「性別と年代を超えた、自分とは全然違う役を演じるのが大変でした。」と苦労を明かし、「僕ちょっと声が高いので、元気よくやるとおばあちゃんっぽくなくなるので、低い声のままテンションを高く演じるのが大変でした。」とアフレコ時に工夫した点を語りました。また起用された理由が、見た目が少し似ていること、性別と年齢を超越したキャラクターだったと聞いた松尾さんは、「言われてみたら似ていますね(笑)目と体のフォルムが似てるのかな。やっとしっくりきました(笑)」と自身とキャラクターの共有点を再認識し、自身の起用理由に納得した様子。もし、自身がスーパーパワーを手に入れられるとしたらどんな能力が欲しいかと聞かれると、「極度の方向音痴なので、地図が見られる能力が欲しいです。たまに仕事で行ったことがない場所に電車で行くときは、相方の長田さんが着く一本前の電車に乗って、待ち伏せして後をついて行っていたので(笑)」と自身の苦手を克服する力を切望していました。

    スーパーパワー満載の特報映像も解禁!

    スーパーパワーを使いこなせず悪戦苦闘するちょいドジなスーパーペットたちを応援したくなるナレーションの声は、リスのチップの声優を担当する梶裕貴さん!
    この夏、ペットたちの"誰も見たことのないスーパーパワー"と可愛さ&ユーモアが炸裂する、未知なる大冒険にご期待ください!

    『DC がんばれ!スーパーペット』は8月26日(金)全国ロードショー!

    あなたへのオススメ作品