シェアする

    映画『エルヴィス』日本版特報解禁!エルヴィスのステージに心拍数爆上がり!

    2022.04.07 劇場作品

    エルヴィスのステージに心拍数爆上がり!ロックが世界を変えた瞬間を目撃せよ!

    映画『エルヴィス』日本版特報映像がオンライン初解禁となりました!
    解禁された特報映像では、若き日無名の歌手だったエルヴィス・プレスリー(オースティン・バトラー)の、ルイジアナの小さなライブの出演シーンから始まります。当時の白人らしからぬスタイル登場し、誰も聴いたことのなかった"ロック"とセンセーショナルなダンスを披露すると、若者たちは我を忘れ、次々と叫び、熱狂。音楽史の中でも最も大きなムーブメントを引き起こす【スーパースター】が誕生した瞬間が映し出されています。マネージャーであるトム・パーカー(トム・ハンクス)の手腕により、スターダムに駆け上っていくエルヴィス。「世界を敵にまわしても、オレは自分の音楽を歌うー」自身のスタイルを貫き、ロックを創り世界を変えたエルヴィス・プレスリーの真実とは?!エルヴィスの代表曲のひとつでもある「監獄ロック」に心拍数爆上がり!熱狂のライブシーンに期待高まる内容に仕上がっています!

    今回エルヴィス役に大抜擢されたオースティン・バトラーは、役作りの為に3年という年月を費やしたといいますが、「彼のような偉大なアーティストを一人の人間として見つめたいという想いがありました。そして何年も考える中で、"エルヴィス・プレスリー"という大人気スターの内側にある人間性を知ることができたように思います。それは僕の人生で最高の経験でした。」と語っていることからも、本作に並々ならぬ覚悟で挑んだことがうかがえます。

    早くも「『ボヘミアン・ラプソディ』に次ぐ傑作誕生!(express)」という呼び声も高い本作ですが、この度、今年のカンヌ国際映画祭でワールドプレミアとして上映されることが明らに!オースティン・バトラー、トム・ハンクス、エルヴィスの妻・プリシラ・プレスリー役を演じたオリヴィア・デヨング、バズ・ラーマン監督の参加が決定しました。

    ロックを創り世界を変えたエルヴィス・プレスリーの真実を描き、すべてが始まったその熱狂のライブを体験する2022年、『ボヘミアン・ラプソディ』に次ぐ音楽映画の大本命であるミュージック・エンタテイメント『エルヴィス』に是非ご期待ください!

    映画『エルヴィス』7月1日(金)全国ロードショー

    関連リンク:公式サイトはこちら

    あなたへのオススメ作品