シェアする

    映画『余命10年』初登場ランキング実写映画No.1獲得!公開3日間で興収3億円超えの大ヒット!!

    2022.03.02 劇場作品

    映画『余命10年』初登場ランキング実写映画No.1獲得!公開3日間で興収3億円超えの大ヒット!!

    3月4日(金)より全国350スクリーンで公開となった本作ですが、公開3日間で観客動員数228,018人、興行収入306,685,070円の大ヒットを記録!3月5日&6日の土日2日間では、観客動員数161,793人、興行収入221,476,550を成績。週末動員ランキングで見事初登場実写映画No.1を獲得いたしました!!

    昨年公開され38億円超えの興行収入を記録した大ヒット映画『花束みたいな恋をした』(公開3日間で動員数184,360人、興行収入261,085,490円)の記録を上回る、好スタートとなります。

    公開前に一足早く鑑賞した観客からは感動の声が溢れていたほか、小松菜奈さん、坂口健太郎さんのTV出演も相次ぎ、公開日前後には連日ツイッターのトレンドに作品タイトルが入るなど、話題を集めていた本作。映画レビューサービスのFilmarksでは初日満足度No.1を獲得、作品への評価も4.0と高スコアを獲得しており、映画ファンからも熱い支持を得ています。劇場には10代~20代、そのほかのあらゆる年齢層の観客が幅広く訪れているほか、カップル・夫婦、学生友人同士のグループでの鑑賞が目立っており、公開後もSNSでは「始まって5分で泣いた...映画館でこんなに泣いたの初めて」「隣の男の人がこの世の終わりくらい泣いてた」「改めて今一緒に笑いあえる幸せを知った」「家族や友達、大切な人に会いたくなった」「生きる力をもらえる、一生の宝物のような映画」「いわゆる余命もの、恋愛ものだけではない深さがあって、色々な年代の人が見られる」「もう2回目を見てきたが、1回目よりもさらに感情入って号泣」「人生観変わった作品だからマジで全人類観てくれ!!」など多種多様のコメントが寄せられ、"泣ける"だけでない本作のストーリーに、感動の輪が広がっています。

    今後、新たな出会いや旅立ちの3月春休みに合わせた、3月19日(土)に第一弾、3月26日(土)に第二弾の入場者特典を先着限定で配布予定となっており、既に「リピート鑑賞したい」という声も多く見受けられる中、今後の動向に期待が高まります。

    大ヒット上映中!

    関連リンク:公式サイトはこちら

    あなたへのオススメ作品