シェアする

    映画『バブル』本予告映像と新ポスタービジュアルが解禁!併せて、ヒロイン・ウタ役の声優と主題歌情報も一挙に解禁!

    2022.03.01 劇場作品

    共感必至の2022年最注目アーティスト《りりあ。》 ヒロイン・ウタ役で声優初挑戦!ED(エンディング)主題歌も担当!!OP(オープニング)主題歌にEveも決定し、最強の布陣ここに完成!!

    本作のヒロイン・ウタ役とエンディングテーマ(主題歌)にりりあ。が大抜擢。りりあ。はZ世代から圧倒的な支持を集め、SNSでその歌声や表現力に絶賛の声が止まらない、今最も注目すべきアーティストの一人。2019年秋頃よりTikTokやYouTubeで顔出しなしで弾き語り投稿を始めるとそのエモーショナルな歌声と豊かな表現力が話題となり、幅広い年代からフォローと絶賛コメントが殺到。今では、SNSだけに留まらず、若者の心を掴んで離さないネクストブレイクアーティストとして、総SNSフォロワー数170万人を超えるほどの多くのファンの支持を集めている。

    りりあ。が演じるのは、本作の物語の重要なカギを握るヒロイン・ウタ。

    当初はエンディングテーマのみの担当として白羽の矢がたったが、「ご本人の話し声や柔らかいムードが心地よく、それはヒロインのウタというキャラクターに求めているものそのものでしたので、思わず声までお願いしてしまいました。」と荒木監督。<普段素顔を明かさずに活動するミステリアスさ>、<世間を魅了するほどに優しく心に染み入ってくるピュアな歌声>を併せ持つ彼女が、まさにヒビキたちと出会ったばかりの<言葉も知らず謎多き存在>でありながら、<ピュアな言動でチームにすぐに馴染んでいく>ウタの姿にピタリとハマり、まさかのヒロイン声優への大抜擢に至った経緯を明かした。本作の企画・プロデュースの川村元気も「彼女が本作『バブル』のヒロイン・ウタと重なった。部屋の中からまだ出てきていない未知の存在、その無垢な声。彼女にエンディングソングを歌ってもらい、かつヒロインの声もやってもらったら面白いのではないかと思った。」と、監督と同様にヒロインのウタとりりあ。のイメージが重なるという、運命の出会いであったことを明かした上で、「果たして映画は完成し、賭けは大きく成功したと確信している。ラストシーンの彼女の声は、観客の耳にいつまでも残るはずだ。」と、「『君の名は。』の上白石萌音」「『天気の子』の森七菜」「『竜とそばかすの姫』の中村佳穂」と、これまで自身のプロデュース作品で生み出してきた数多くのヒロインに続く、ニュー・ヒロインの誕生を期待させるコメントを寄せている。

    今回、初声優ながらヒロイン・ウタ役の声優に大抜擢されたことを受け、りりあ。は、「最初は主題歌のお話だと聞いていたのでやりたい!と即答しました。その後にヒロイン役のお話を聞いて私が声優?!無理!出来るわけない!という気持ちと楽しそう!やってみたい!の気持ちが行ったり来たりで大騒ぎでした。このような壮大な企画だと知ったのは、ヒロイン役も決まった後のことでした。初めて台本を読んだ時、ウタの気持ちとリンクしすぎて泣きまくりました。今でも思い出して泣けるくらいウタに感情移入できたので初めてのアフレコでしたがあの時はちゃんとウタが心の中にいた気がします。」と喜びのコメント。まだ明かされていない書き下ろしのエンディングテーマ楽曲「じゃあね、またね。」も一体どのようなメロディで映画の世界を彩ってくれるのか、ヒロイン・ウタの声とともに注目したい。

    オープニング主題歌には、破竹の勢いで音楽業界を席巻し続けるアーティスト"Eve"が担当!

    大人気TVアニメ「呪術廻戦」の主題歌「廻廻奇譚」など、2019年デビューでありながら、爆発的な勢いでその人気が急上昇し、もはやトップアーティストの仲間入りを果たした、シンガーソングライター・Eve(イブ)による新たな書き下ろし楽曲「Bubble feat.Uta」に決定!!本作のオープニングテーマであるこの曲のアップテンポで疾走感あふれる曲調は、映画内で繰り広げられるバトルクールや、ヒビキとウタに待ち受ける壮大な運命を予感させる仕上がりになっている。主題歌の制作についてEveは「「荒木哲郎×虚淵玄×小畑健×澤野弘之」自分の好きが集結したような空間に、歌でご一緒させて頂き感慨深い気持ちです。ピュアで優しくて、臨場感溢れるこの作品に今回書き下ろした「Bubble」という楽曲は今までみたことのないようなところにまで連れていってもらえたような気がします。壮大で美しい世界観と、目が離せないアクション、個性豊かなキャラクター達。熱量のあるこの作品に自分も関わることができて幸せです。是非劇場で体感してみて下さい。パルクールかっこいい!」とコメント。荒木監督は「かねてライブなども見せて頂いていたので、お仕事をお願いするなんて贅沢すぎる方ながら、いざ決まった時には何か「必然」と感じる部分すらありました。そもそもEveさんが表現するような世界こそが、今回自分が表現すべき目標としていたものだったからです。」と、本作にとっても彼の存在がいかに重要だったかを話す。

    既に<超豪華スタッフ>×<超豪華キャスト>の組み合わせが、大きな話題となっている本作に、さらに<超豪華アーティスト>が加わることが発表され、ますます向かうところ敵なしの、これまでに見たことの無い超豪華顔ぶれが集結し、生み出される化学反応に期待しか感じられない!

    解禁された最新予告映像は「ヒビキに会えたから、私は私になれた」というウタの台詞とともに、海に中の2人を描く神秘的なシーンから始まる。素性も分からぬまま、ヒビキたちと行動を共にすることになる、謎に包まれた存在のウタ。しかし彼女はそれまでヒビキにしか聞こえていなかった特別なハミングが聞こえ、「止めなきゃ。」と何かを感じ取っている...。中盤から流れるEveによるオープニング主題歌と、ラストのウタのどこか切ない歌声のギャップも相まって、 エモさ満載の映像に仕上がった。さらに併せて、無邪気な表情を見せるウタとヒビキが、東京の上空で電車やトラックの車両とともに浮かぶ、浮遊感満載、まさに映画のイメージそのままの爽やかな新ポスタービジュアルが披露された他、ムビチケ前売り券発売情報と特典プレゼントの情報も解禁。3月4日(金)から販売が開始されるムビチケ前売り券購入者には、前売り特典としてオリジナルクリアファイルをプレゼント!「DEATH NOTE」などの小畑健描き下ろしのビジュアルなだけに、小畑ファンではなくとも是非とも手に入れたいアイテムとなっている。

    映画『バブル』5月13日(金)全国ロードショー

    あなたへのオススメ作品