シェアする

    2022年アカデミー賞®最有力!『ドリームプラン』日本版予告&ポスター解禁! さらに世界の歌姫:ビヨンセ書下ろしの新曲がエンディングテーマに決定!

    2021.12.09 劇場作品

    待望の日本公開に向けて、日本版予告&ポスター&エンディングテーマが一挙解禁されました!

    女子テニス界、史上最高のテニスプレイヤーであるビーナス&セリーナを育て上げた父親リチャード・ウィリアムズをウィル・スミスが圧巻の演技で魅せ、話題を呼んでいる本作。12月3日に発表されたナショナル・ボード・オブ・レビューでは、ウィル・スミスが主演男優賞を受賞し、母親オラシーンを演じたアーンジャニュー・エリスも助演女優賞を獲得、今後の賞レースにも期待が高まっています。米批評家サイト"Rotten Tomatoes"では絶賛レビューがあふれ、全米公開後のオーディエンススコアは驚異の99%(2021/11/22時点)を獲得。ウィル・スミスの期待を裏切らない見事な演技と実話を基に描かれる感動のストーリーに注目されています。

    エンディングテーマはビヨンセ書下ろしの新曲
    『Be Alive (From KING RICHARD)|ビー・アライヴ (フロム・キング・リチャード)』

    さらに本作のエンディングテーマがなんとあの世界の歌姫:ビヨンセ書下ろしの新曲『Be Alive (From KING RICHARD)|ビー・アライヴ (フロム・キング・リチャード)』に決定!今年のグラミー賞で計4部⾨受賞、累計28回の受賞により"⼥性アーティストとして最多受賞"の新記録を樹⽴。ビヨンセはセリーナの結婚式に出席したり、彼女の大会に度々訪れるなど、非常に仲の良い友人。親交の深いビヨンセにしか成し得なかった力強いメッセージを放つ楽曲となっており、世界の常識を覆した父と娘の<驚きの実話>のエンディングで高らかに歌い上げ、胸熱な感動ドラマの誕生を予感させる内容となっています。

    ウィル・スミス渾身の演技はアカデミー賞®最有力!テニス未経験の父が、娘を世界最強のテニスプレーヤーに育て上げた"驚きの実話"。観る人すべての心を揺さぶる感動作『ドリームプラン』は、2022年2月23日(水・祝)より全国ロードショー。

    関連リンク:映画『ドリームプラン』 公式サイトはこちら

    あなたへのオススメ作品