シェアする

    『DUNE/デューン 砂の惑星』河北麻友子&板垣李光人&チョコレートプラネットも酔いしれた!ジャパンプレミア開催!

    2021.10.01 劇場作品

    2021年最大の超大作である映画『DUNE/デューン 砂の惑星』が10月15日(金)に日本公開!
    本作は"未来が視える"能力を持つ青年、ポール・アトレイデスの物語。皇帝の命でその惑星を制する者が全宇宙を制すると言われる、過酷な"砂の惑星デューン"へ移住したことを機にアトレイデス家と宇宙支配を狙う宿敵ハルコンネン家の壮絶な戦いが勃発。父を殺され、復讐そして全宇宙の平和のために、巨大なサンドワームが襲い来るその星で"命を狙われるひとりの青年"ポールが立ち上がる―。

    全世界大ヒット!"究極の映像美"に称賛が止まらない!

    ヴェネチア国際映画祭、トロント国際映画祭で「映画館でしか味わうことの出来ない"映画の力"を再提示した作品だ」等、大絶賛の声があがり映画の力を証明した勢いそのまま、フランスでの記録的大ヒットを皮切りに、ドイツ、イタリア、スペイン、ロシアなどヨーロッパを中心に24の国と地域で公開を迎えると初週3680万ドルの大ヒットを記録!29の国と地域で初登場No.1を獲得し、映画批評サイトRotten Tomatoesで驚異の91%を叩き出している!(9/30現在)この数字はコロナ禍において特筆すべき数字で、世界中の観客が"究極の映画体験"に歓喜!

    ジャパンプレミアに河北麻友子&板垣李光人&チョコレートプラネットが集結!

    本日行われたジャパンプレミアにはDUNE応援団員に就任した河北麻友子さんと俳優の板垣李光人さん、お笑い芸人のチョコレートプラネットのお二人が登壇。
    本作の主演であるティモシー・シャラメに似ていると話題の板垣李光人さんは、ティモシー演じるポール・アトレイデスの正装をイメージした衣装で登場!河北さんも、レベッカ・ファーガソン演じるレディ・ジェシカのような美麗な衣装で登場し、作品さながらの華やかなステージとなりました。そしてタイトルが『DUNE/デューン 砂の惑星』ということで、プラネットつながりでイベントに登壇したチョコレートプラネットのお二人はなんと、劇中に登場する砂の惑星"デューン"の自由民フレメンが、過酷な環境に適応するために特殊な装備を備えた保水スーツ(スティルスーツ)に身を包んで登場!

    本作の見所のひとつともいえるのが、主人公のポール・アトレイデスを演じたティモシー・シャラメ。『君の名前で僕を呼んで』で、弱冠21歳という1939年来のアカデミー賞史上いちばん若くして最優秀主演男優賞にノミネートされ、新時代のハリウッドを背負う"プリンス・オブ・ハリウッド"として世界中から注目が集まる彼についての話題になると、河北さんは「かっこいいということはもういう間でもないのですが、ポール・アトレイデスという役では最初、幼いイメージだったのが、だんだんとたくましく見えてくるという、とても多くの顔を見せてくれるんです。あと目元だけでもその緊迫感が伝わってきます」とコメント。同様に、ティモシーの瞳が印象的だったと語る板垣さんは、「一見柔らかい雰囲気に見えるのに、目に注目するとどこか虚な感じや、熱いものを秘めていたり...」とその魅力について語った。チョコレートプラネットの長田さんは「芯があるのに、どこか影があるような雰囲気がすごくポールにあっていると思いました。キャスティングが大成功だと思いました!」と語ると、松尾さんは「役柄を見ていると、すごく自分と重なるなと...」と神妙に語り、「どこが!?」とゲストから総ツッコミされる場面も。

    また、もう一つの企画として制限時間内にポール・アトレイデスを演じるティモシー・シャラメを描くという「即興絵力対決」が行われた。30秒という短時間で、全員が苦戦しながらも、見事なクオリティのイラストを描いた板垣に、ゲスト一同「うまい!」と大絶賛する一幕も。

    最後に、河北さんが「本当に今回の作品は、今までみたことないような作品になっているのではないかと思います。最初から最後までハラハラが止まらないので、ぜひ劇場で体験してください!」とコメントすると、板垣さんも「ポールの運命に翻弄されながらも強く生きる姿はスケールが違っても、みなさん共感できるのかなと思いますし、この映像と音楽は、劇場で観ないといけないと思うので、ぜひ劇場でご覧いただければと思います」、チョコレートプラネットのお二人も、長田さん「どこを切り取っても絵画のような作品なので、この映像美をぜひ体験していただきたいと思います!」、松尾さん「映像の美しさだけでなく、僕とティモシー・シャラメが本当に似ているのか、ぜひ劇場で確かめてください!」とそれぞれコメントし、終始、笑いの絶えない雰囲気のまま本イベントの幕は閉じました。

    自らの宿命を知り、運命を切り開く新世代スペクタクル・アドベンチャーがここに生まれる――全世界待望の世界観が変わる誰も見たことのない"映像体験"の幕開けにご期待ください。

    あなたへのオススメ作品