シェアする

    映画『ザ・スーサイド・スクワッド』本年度R指定作品、No.1の大ヒットスタート!

    2021.08.16 DCコミックス, 劇場作品

    映画『ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結』が遂に日本公開!8月13日(金)初日を含めたオープニング3日間の成績は、観客動員数約13万4,500人、興行収入約2億1,000万円を記録し、本年度公開されたR指定作品の週末興行収入においてダントツNo.1の大ヒットスタートを切った。客層は様々で、アメコミファンはもちろんのこと、高校生や大学生のグループや、20代~30代のカップルなど、若年層を中心に、大きな盛り上がりを見せている。クレイジーでぶっ飛んだ悪党14人のすれ違いまくる掛け合いと、彼らが減刑と引き換えに命がけで挑む怪獣とのバトルに、今日本中が爆笑と興奮の渦に包まれている。

    日本中がクソやばい悪党たちの虜に!

    SNS上には本作をいち早く鑑賞した人たちの声が溢れている。その声は様々で「登場人物全員悪ノリで生きていて、面白すぎ!」や「序盤からぶっ飛んでて終始テンション上がりまくりだった。」、「最高にイカしてた。さすがジェームズ・ガン監督!」」と、クレイジーでぶっ飛んだ展開やジェームズ・ガン監督節さく裂のユーモアセンスへの驚きのコメントをはじめ、「全員超イカれてるしカッコいい!!全部通してキングシャークかわいい。」、「ぶっ飛んだ振り切ったハーレイが楽しい!」、「登場人物が全員魅力的過ぎました。特に、ブラッドスポートが好き過ぎました!」と、スクリーン所狭しと大暴れするスーサイド・スクワッドたちのメンバーに絶賛している声また悪党たちと"巨大怪獣"との激アツバトルを繰に、「敵が怪獣なのも最高!テンションぶちあがる。」、「前作とはなんだったのか?ってくらいのアクションシーン!」と熱いコメントが続出している。

    豪華すぎる声優陣の夢の共演!

    そして吹替版に、山寺宏一、東條加那子、悠木碧、大塚明夫、宮内敦士、玄田哲章、上村典子、宮野真守、姫野惠二、津田健次郎、立木文彦、ファーストサマーウイカ、水樹奈々、江川央生、加藤亮夫、日野聡、武内駿輔ら人気声優陣が集結した本作。鑑賞したユーザーからは、「もう幸せ過ぎました!」、「玄田さんのキングシャークが可愛すぎる!」など、豪華な声優陣の夢の共演に賛辞を贈る声で溢れた。

    さらに没入感が半端ではないIMAX®版の鑑賞者らは、「音圧が凄かった!」や「ド迫力の衝撃が強すぎて、頭が吹っ飛ぶかと思った!」など、まるでアトラクションのような想像を超える体験に驚く声が多く上がっている。そして、「最後ちょっと感動してうるっときてしまったよ」「笑いも感動もあるとても楽しい映画だった!」とまさかの感動作という驚きの声も多く上がっている。この夏 #新スースク が日本中のテンションをぶち上げる!

    あなたへのオススメ作品