シェアする

    映画『ノイズ』特報&ティザービジュアル解禁 2022年1月28日(金)公開決定!

    2021.08.13 劇場作品

    衝撃の≪死体隠し≫の幕が上がる!映画『ノイズ』特報が解禁!公開日が2022年1月28日(金)に決定!

    藤原竜也×松山ケンイチ W主演&神木隆之介で贈る、予測不能な新感覚サスペンス映画『ノイズ』

    絶海にぽつりと浮かぶ孤島"猪狩島"――過疎化に苦しむ島だったが、島の青年・泉圭太(いずみけいた)(藤原竜也)が生産を始めた"黒イチジク"が高く評価され、島には地方創生推進特別交付金5億円の支給がほぼ決まり、島民たちには復活という希望の兆しが見えていた。そんな平和な日常がある男の登場によって一変する。男の名前は、小御坂睦雄(こみさかむつお)。圭太と彼の幼馴染の猟師・田辺純(たなべじゅん)(松山ケンイチ)、新米警察官の守屋真一郎(もりやしんいちろう)(神木隆之介)の3人は小御坂の不審な言動に違和感を覚え追い詰めていくが、その日の夕方、圭太の娘の失踪を機に誤って小御坂を殺してしまう。

    今回解禁になった特報映像は、不気味な猪狩島の全貌から始まるが、なんと冒頭でいきなり圭太が人を殺してしまうシーンが!!衝撃的な展開で幕をあけるが、「島も、俺も、終わりだよ」と苦悩する圭太に、真一郎が言った。 「全部、なかったことにしましょう」 3人は困惑しながらも死体を隠すことを決意。対照的に、島の復活に喜びの声を上げる島民の姿が交互に映し出されており、島の未来を背負う圭太たちに重くのしかかるプレッシャーも・・・。さらにはこの殺人をきっかけにのどかだった猪狩島が一変。迫りくる県警、不穏な動きを見せる保守的な島民たち・・・・・果たして、3人の運命は!?予測不能な新感覚サスペンスの行方にぜひご期待ください!

    殺した。埋めた。バレたら終わり―。ティザービジュアルも解禁!


    また合わせて本作のティザービジュアルも解禁! 周囲を伺うような鋭い目線を向ける圭太、純、そして真一郎の背後には殺害されたサイコキラーの姿も見られる。「殺した、埋めた、バレたら終わり。」のコピーと、そのソリッドな質感が相まってこの3人が殺人を隠しきることができるのか、緊迫感漂うビジュアルとなっています。

    映画『ノイズ』公式サイトはこちら

    あなたへのオススメ作品