シェアする

    映画『THE BATMAN-ザ・バットマン―』2022年春公開決定!

    2021.08.13 劇場作品

    数々の賞レースを沸かせ社会現象となった『ジョーカー』、数々の記録を更新し世界中の人々を熱狂させた『ワンダーウーマン』シリーズなど、多くの話題作を手掛けるDCの新たな注目作、『THE BATMAN-ザ・バットマン―』の日本公開が2022年春に決定!クリストファー・ノーラン監督による『ダークナイト』トリロジー以来となる、バットマン単独映画が全世界の大きな期待と共に遂に幕を開ける。

    新バットマン/ブルース・ウェイン役には、『ハリー・ポッター』シリーズ、『トワイライト』シリーズで世界中を虜にした後着実にキャリアを積み、難解ながら中毒性の高い作風でリピーター続出の社会現象を巻き起こした『TENET テネット』のロバート・パティンソンが大抜擢。マイケル・キートン、ジョージ・クルーニー、クリスチャン・ベール等、数々の名優たちが作り上げたヒーローをどのように演じるか世界中の注目が集まる。

    監督・脚本を務めるのは、J・J・エイブラムスのプロデュースとして、その革新的な映像で世界中の度肝を抜いた『クローバーフィールド/HAKAISHA』や、『猿の惑星:新世紀』『猿の惑星:聖戦記』でエモーショナルなドラマを描きSF映画の金字塔に新たな伝説を打ち立てたマット・リーブス。その他多くのキャラクターの解釈を一新。ペンギン役に『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、『ダンボ』のコリン・ファレル、リドラー役に『それでも夜は明ける』、『スイス・アーミー・マン』のポール・ダノ、キャットウーマン役に『ファンタスティック・ビースト』シリーズのゾーイ・クラヴィッツ、カーマイン・ファルコン役に『トランスフォーマー』シリーズのジョン・タトゥーロ、そしてお馴染みのアルフレッド役とジェームズ・ゴードン役には、『猿の惑星』シリーズのアンディ・サーキス、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のジェフリー・ライトがそれぞれ演じる。

    マット・リーブス監督によると、本作はバットマン誕生の物語ではなく、若き日のバットマンを描いた作品であることを公言。ヴィランたちもまた、ヴィランとして完全になる前の姿で登場。ミステリーの要素が色濃く、本作に影響を与えた作品としては、『チャイナタウン』(74)、『フレンチ・コネクション』(71)、『タクシードライバー』(76)に代表される、1970年代の"リアルなストリート"を題材にした作品を挙げている。『ジョーカー』が持つ、何とも形容しがたいが、人々の心情に訴える雰囲気の作品になることを彷彿とさせている。

    現在、六本木ヒルズ森タワー52階・東京シティビューでは9月5日(日)までの期間で、DCの特別総合展『DC展 スーパーヒーローの誕生』を開催中。歴代バットマンのコスチュームやアカデミー賞をとった『ジョーカー』の衣装、原寸大のバットタンブラー(バットモービル)、そして世界初公開となる『ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結』のブラッドスポート、ピースメイカーの衣装も飾られている。本作にも登場するペンギンの過去シリーズの展示もあり、本作ではどのような描かれた方がされるかのヒントにもなりそうだ。新たなるバットマンの誕生までのカウントダウンが遂にはじまる!その動向から目が離せない。

    映画『THE BATMAN-ザ・バットマン―』2022年春公開!

    あなたへのオススメ作品