シェアする

    映画『イン・ザ・ハイツ』【日本版】予告映像&ビジュアル解禁!

    2021.05.27 劇場作品

    「Rotten Tomatoes」驚異の"98%"!アカデミー賞最有力!

    トニー賞4冠(作品賞、楽曲賞、振付賞、編曲賞)とグラミー賞ミュージカルアルバム賞を受賞した傑作ミュージカルを映画化した『イン・ザ・ハイツ』。7月30日より公開となる本作の日本版予告映像と日本版ビジュアルが解禁!FOX NEWS、バラエティ紙、タイム誌など全米の名だたるマスコミがこぞって「今年最も観たい映画」に挙げ、はやくもアカデミー賞最有力とのレビューが出るなど、全米大ヒット間違いなしと話題の本作!メガホンを取ったのは、キャストがほぼ全員アジア人にも関わらず全米3週連続第1位を記録し異例の大ヒットとなった『クレイジー・リッチ!』のジョン・M・チュウ。

    予告では歌とダンスであふれたワシントン・ハイツでの圧巻のパフォーマンスをご覧いただけます。

    さらに歌手のアリアナ・グランデはSNSに「この映画がなぜこんなに美しく完璧なのかが理解できないくらい。驚くほどの出来栄え。とてもとても、美しい」とコメント。俳優のヒュー・ジャックマンは本作を「舞台のミュージカルは観ていなかったんだけれど、映画を観て圧倒された。演技もダンスも音楽も演出も信じられないくらいに素晴らしい。自分がミュージカルをやっているからって全てのミュージカルを見ているわけじゃないし、すべてのミュージカルが好きなわけじゃないけど、この映画は圧勝だ」と大絶賛のコメントを動画付きで投稿!

    週末にはレビューが解禁され、米・辛口映画批評サイトRotten Tomatoesでは驚異の98%フレッシュを記録。「オスカー間違いなし。10年に1本の傑作ミュージカル。いま世界に必要なのはこの感動だ」など既に絶賛評で埋め尽くされています。

    日本でも、映画評論家の渡辺祥子さん、演劇ライターの大原薫さん、映画ジャーナリストの立田敦子さん、ライターの稲垣貴俊を始め各メディア・評論家から、「夢と仲間がいれば、人生はどうにかなる。そう信じさせてくれるエンパワーメント・ムービー!」「彼らの夢と青春は、厳しい日常の中で希望を求める"今"の世界に深く刺さるはず」などと絶賛コメントが続々と届いています!

    NYの片隅で取り残された街、ワシントン・ハイツ
    夢に踏み出そうとする若者たちの夢と、人々の絆の物語
    『イン・ザ・ハイツ』2021年 7月30日(金) 全国ロードショー!

    関連リンク:
    公式サイトはこちら

    あなたへのオススメ作品