シェアする

    名優:役所広司×世界が絶賛する監督:西川美和 初タッグ!映画『すばらしき世界』特報解禁!

    2020.09.14 劇場作品

    直木賞作家・佐木隆三氏の小説「身分帳」を原案に、主演:国内外で活躍する名優・役所広司×国内外の映画賞に輝く監督:西川美和(『ディア・ドクター』『夢売るふたり』『永い言い訳』)の初タッグで贈る最新作『すばらしき世界』。本作の特報が解禁されました。

    映像の冒頭では、テレビマン津乃田(仲野太賀)とTVプロデューサー吉澤(長澤まさみ)の、「相手にしない方がいいんじゃないですか?放送に耐えられる対象じゃないっすよ。」「そこが面白いんじゃん。」という会話で始まります。津乃田が持つカメラが向けられるその先にいるのは、優しくて真っ直ぐすぎる性格の男・三上(役所広司)。しかし、実はこの男、人生の大半を刑務所で過ごした元殺人犯だった――。社会のレールから外れた男と、それをネタに食い物にしようとするTVマン。「この世界は地獄か、あるいは――」怒りを目に浮かべたこの男の結末は?片時も目を離せない特報が、遂に完成しました。

    西川美和監督が、初めて実在の人物をモデルとした原案小説をもとに、その舞台を約35年後の現代に置き換え、徹底した取材を通じて脚本・映画化に挑んだ本作。主演に、国内外でその演技力を高く評価され続ける名優・役所広司さん。下町の片隅で暮らす生真面目で真っ直ぐな性格の男、三上正夫。彼は、かつて殺人を犯し、13年の刑期を終えて出所したばかりだった――。共演に仲野太賀、長澤まさみ、橋爪功、梶芽衣子、六角精児、北村有起哉、安田成美、白竜、キムラ緑子。なお序盤の印象的なシーンのひとつの北海道・旭川刑務所のシーンは、法務省矯正局の協力のもと普段は受刑者と刑務官だけが行き来する場所でロケを行っています。

    人間の本質をあぶり出す作品で世界でも高い評価を得てきた西川監督が、学生時代から憧れ続けた役所広司さんと初タッグ。役所さんも「いつか西川監督とご一緒したいと思っていた」と語り、相思相愛の二人が世に送り出すのは、どのような『すばらしき世界』なのか?

    映画『すばらしき世界』2021年2月11日(木・祝)全国公開

    あなたへのオススメ作品