シェアする

    2021年劇場公開『ザ・バットマン』初映像が、DCファンドームで解禁!

    2020.08.24 劇場作品

    社会現象を巻き起こし数々の賞レースを沸かせた『ジョーカー』(19)、数々の記録を更新し、世界中に社会現象を巻き起こした『ワンダーウーマン』(17)の最新作『ワンダーウーマン 1984』(10月9日公開)など、話題作が続くDCの新たな注目作。クリストファー・ノーラン監督による『ダークナイト』トリロジー以来となるバットマン単独映画、『ザ・バットマン』が、2021年劇場公開が決定、その映像がついに初解禁!

    8月23日(日)に開催された、全世界のアメコミファンの祭典となるDC史上最大オンラインイベント第1弾「DCファンドーム:ホール・オブ・ヒーローズ」にて、10月9日(金)に日本公開予定の映画『ワンダーウーマン 1984』や『ザ・スーサイド・スクワッド』など注目の新作映画、海外TVシリーズ、ゲームのキャストやスタッフが出演するトークセッションや、新情報の解禁など充実のコンテンツが実施され、同イベント内にて『ザ・バットマン』の初となる映像も解禁されました。

    解禁された映像は、クリストファー・ノーラン監督作『ダークナイト』シリーズや、昨年の『ジョーカー』を彷彿させるような不穏で不気味な音楽に包まれ、謎めいたセリフが多く、物語の全容はまだ明らかにされていませんが、バットマンの象徴であるバットスーツや様々な機能が搭載されバットマンが愛用する特殊車両・バットモービルなど、ファンを熱くさせるお馴染みのガジェットは本作でも健在。またバットマンへの挑戦状には、"君とボクで謎解きをしよう""正義を気取るなら―ウソはなし―見て見ぬフリをした代償は?"とあり、未知なるヴィランがバットマンを阻む敵として登場する模様。誰もが憧れる王道のヒーローだけでなく、ジョーカーのような"悪"のカリスマ性を持った魅力的なヴィランが登場することもDCの魅力のひとつ。敵対するヴィランにも注目が集まります。

    監督・脚本を務めるのは、新『猿の惑星』シリーズで注目を集めたマット・リーブス。新バットマン/ブルース・ウェインには、『ハリーポッター』シリーズ、『トワイライト』シリーズ主演、9月18日(金)公開の『TENET テネット』にも出演するロバート・パティンソンが大抜擢。そのほか多くのキャラクターの解釈を一新。ペンギン役にコリン・ファレル、リドラー役にポール・ダノ、キャットウーマン役にゾーイ・クラヴィッツ、カーマイン・ファルコン役にジョン・タトゥーロ、そしてお馴染みのアルフレッド役とジェームズ・ゴードン役には、アンディ・サーキスとジェフリー・ライトがそれぞれ演じます。

    トークセッションに登場したマット・リーブス監督によれば、ミステリーの要素が色濃く、バットマン誕生の物語ではなく、若き日のバットマンの物語。人気ヴィランたちもまた、ヴィランとして完全になる前の姿を描くとのこと。また本作に影響を与えた作品としては、『チャイナタウン』(74)、『フレンチ・コネクション』(71)、『タクシードライバー』(76)に代表される、1970年代の"リアルなストリート"を題材にした作品を挙げており、『ジョーカー』を彷彿とさせる内容が垣間見えました。

    映画『ザ・バットマン』2021年劇場公開!

    あなたへのオススメ作品