シェアする

    映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』3/5(木)公開記念トークイベント開催!

    2020.03.05 劇場作品

    花澤香菜、アメコミ作品初挑戦に歓喜!ゆきぽよのハーレイ・クイン完コピ姿に会場騒然!

    本日3月5日(木)に、本作の公開記念<ハーレイ・クイン>トークイベントがワーナー・ブラザース映画 内幸町試写室にて行われました。
    イベントには、本作で物語のカギを握る謎のダイヤを盗んだ少女カサンドラ・ケインの日本語吹替え版声優を演じた大人気声優 "花澤香菜"さんと、ハーレイ・クインのファンである大人気モデル"ゆきぽよ"こと木村有希さんが登壇しました。

    花澤さんと、劇中のハーレイになりきったゆきぽよさんが姿を現すと、マスコミからは一斉にフラッシュが焚かれました。正にリアル"悪カワ"ないで立ちで登場したゆきぽよさんは、ハーレイのコスプレについて「作品を観たら脳内がハーレイになってしまって、完璧にハーレイになりきってしまいました!ギャルメイクを辞めて、普段からこのカッコになろうかな!『スーサイド・スクワッド』以降、ハロウィンでずっとハーレイのコスプレをしてきて良かったー!」と、完璧なハーレイ化に興奮を表し会場を沸かせました。また花澤さんにとって本作がアメコミ作品の吹替え初挑戦。花澤さんは、「本当に念願でした!アメコミに関われて嬉しかったです!カサンドラは年齢の割には大人びていて、リアクションがおばちゃんぽいところがあるんです。そこがたまらなく可愛くて!天真爛漫なハーレイに憧れもあるのかな?と思いながら演じていました。」と、カサンドラのギャップの魅力を交えながら吹替えの想いを語りました。

    続けて、一足早く本作を鑑賞した花澤さんは「ハーレイなら何しても許せちゃうんです。彼女なら絶対切り抜けるという安心感もある。そしてどんな崩れた表情をしても絶対かわいい!マーゴット・ロビーがどう役作りをしたのかが本当に気になります。」と語り、ゆきぽよさんは「ハーレイワールドが全開で、自分がハーレイになってしまったんじゃないか?と思ってしまうんです。ホントにポジティブな気持ちになれるんです!あまりに好きすぎて自分の部屋すらハーレイの部屋のように模様替えしたいと思っています。ホントは劇中に出てきたビーバーのはく製も置きたいんだけど、それはあまり良くないことだから止めようかな。それから本当にカワイイが止まらない!オシャレでカワイイから、メンタル面も見た目も全てが参考になる。今年のハロウィンは絶対これだよ!」と続け、セクシーでクレイジーなハーレイの魅力を興奮気味にまくし立てました。

    さらに、本作の印象的なシーンについて花澤さんは「ハーレイが刑務所で暴れ回るシーンが大好きです!敵をバッタバッタとなぎ倒すハーレイが尋常じゃなくて(笑)"華麗なる"とは正にこのことか!と思いましたね。」と『ジョン・ウィック』シリーズ監督も関わったというキレッキレのアクションの虜になったことを明かし、ゆきぽよさんは「天真爛漫な悪対サイコな悪の対立構造が面白いんです!ブラックマスクは悪いやつなんだけど、憎めないところがあって魅力的なんですねー。」と語り、ハーレイとユアン演じるサイコなヴィラン ブラックマスクの対決、そしてブラックマスクの意外な一面をプッシュしました。

    そして、お二人の目線で"悪カワ"ハーレイ・クインの共感ポイントをフリップで披露。花澤さんは"乙女なハーレイ"、ゆきぽよさんは"セクシー&キュート"を上げ、花澤さんは「明るく振る舞っているのに、けっこう元カレのジョーカーのこと引きずってない?と思うところが可愛いんです。ハイエナとの接し方も可愛いので、ギャップ萌えです!」とコメントすると、ゆきぽよさんは「セクシーなんだけど、可愛い!ジョーカーと別れても元気いっぱいで、ゆきもこうなりなたいなって思いました!いつか大失恋しても、セクシーさとキュートさは忘れないぞ!と思いました。」とハーレイとのシンクロを語りました。更にお二人は、ハーレイがジョーカーと別れて髪を切ったことにも共感したようで、ゆきぽよさんは「失恋して髪バッサリはユキもやっちゃう!どの女の子も世界共通だなと思いましたね。でも髪切っても気持ちは何も変わらないよ。」と語り、会場を大いに沸かせました。

    映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』3月20日(金)全国ロードショー

    あなたへのオススメ作品