シェアする

    『IT/イット THE END "それ"が見えたら、終わり。』デジタルセル先行配信開始に併せて、メイキング映像が到着!

    2020.02.12 ブルーレイ,DVD & 4K UHD/デジタル配信

    スティーヴン・キングが贈る、最恐ホラー『IT/イット THE END "それ"が見えたら、終わり。』のデジタルセルを本日より先行配信いたします。また、2020年2月26日(水)よりデジタルレンタル配信開始、ブルーレイ&DVDを発売・レンタル開始、<4K ULTRA HD&2D ブルーレイセット>を発売いたします。

    デジタルセル先行配信開始に併せて、本作の貴重なメイキング映像の一部を初公開!

    スティーヴン・キングが絶賛!ペニーワイズを演じたビル・スカルスガルドが役作りについて熱く語るほか、共演した少女を気遣う、ビルの優しさ溢れる撮影エピソードも!

    ホラー映画歴代 No.1(※Box office mojo 調べ)ヒットを記録した前作『IT/イット "それ"が見えたら、終わり。』、そして完結編である本作で見事、恐怖の象徴である"ペニーワイズ"を演じきったビル・スカルスガルド。ブルーレイのボーナス・ディスクに収録される映像特典「ペニーワイズは生きていた!」の中でビルは、役の準備を進めた当時を振り返り、「キャラクターの異常な心理を研究した。ペニーワイズのシーンでは体力や技術が必要だ」と熱心に役作りについて語っている。また原作者スティーヴン・キングも彼の演技を「並外れた体力を要する演技だ。ビルの努力に感服する。バレエのような優雅な動きだ」と絶賛!

    また、ビルは好きなシーンについて"微妙なニュアンスを演じ分ける場面"をあげ、そういった複雑な演技のシーンが前作より圧倒的に増えていると、完結編である本作でペニーワイズを演じることがより難しくなっていることを明かしている。

    そのほかに、ペニーワイズが空から飛んでくる印象的なシーンが実際はワイヤーでつられている様子や、少女を"おいで"と暗闇に誘い込み、ペニーワイズが襲い掛かる恐怖のシーンでは、カットがかかった後に、ビルが少女に笑いかけ、「大丈夫?よくがんばった!」とハイタッチをかわす微笑ましい姿をみることができる。ぜひ恐ろしいペニーワイズとはギャップのある、優しさ溢れるビルの姿にも注目してほしい。

    特典には、第1章と第2章の舞台裏に迫った映像や、原作者のスティーヴン・キングが本作の魅力をさらにたっぷりと語るインタビューなど約100分近い見どころたっぷりの豪華な内容になっている。

    あなたへのオススメ作品