シェアする

    『ドクター・スリープ』3月11日デジタル先行配信!4月8日ブルーレイ&DVDリリース!

    2020.01.24 ブルーレイ,DVD & 4K UHD/デジタル配信

    映画『ドクター・スリープ』のデジタルセル・レンタル先行配信を3月11日(水)に、ブルーレイ・DVD発売・レンタルを4月8日(水)より開始いたします。

    スティーブン・キング原作『シャイニング』の40年後――呪われたホテルが、目を覚ます。

    特別な力を持つダニーと少女アブラは、謎多き連続事件を介して邪悪な力を持つ集団のもとへと導かれていく。
    彼らが行きつく場所は、呪われたホテル。
    時空をも超える、命を懸けた最終決戦が今、始まる。『IT/イット』スティーブン・キングが仕掛ける最恐バトルエンターテイメント!

    大ヒット映画『IT/イット』シリーズの原作者スティーブン・キングによる最恐バトルエンターテイメント!

    『IT/イット』シリーズのスティーブン・キング原作映画、最新作!"シャイニング=特別な力"を持つ者と、それを狙う邪悪な力を持つ集団との戦いを描く!

    ホラーの金字塔『シャイニング』の40年後描く!オマージュも多数登場!スティーブン・キング、スタンリー・キューブリックの遺族も太鼓判のクオリティ!

    スティーブン・キングの原作をもとにスタンリー・キューブリックが生み出したホラー映画史を変えた映画『シャイニング』の40年後を描く本作の監督は、キング原作の『ジェラルドのゲーム』を手掛けたマイク・フラナガン。キング、キューブリックを敬愛する彼は、キングだけでなく、キューブリック遺族も太鼓判を押すクオリティの作品を作りあげた。多くの人の脳裏に焼き付いている印象的なシーン、キャラクターが登場するオマージュも多数!

    映画ファン納得の実力派俳優が集結!

    幼い頃に経験した壮絶な惨劇を生き延び、大人になり再び"特別な力"を持つことになった主人公ダニーことダン・トランスには、ユアン・マクレガー。邪悪な集団のリーダー的存在であるローズ・ザ・ハットに は、レベッカ・ファーガソン(『グレイテスト・ショーマン』)をはじめ実力派俳優が集結!また本作が映画デビュー作となるカイリー・カランがダニーと同じ力を持つ少女・アブラ役を印象的に演じている。さらに、映画『シャイニング』で少年・ダニーを演じたダニー・ロイドがカメオ出演。

    ブルーレイ、DVD、デジタル配信では日本語吹替版を初収録!森川智之&皆川純子の豪華声優コンビが吹替えを務める!

    ユアン・マクレガー演じるダニーの日本語吹替えは、トム・クルーズ、キアヌ・リーブス、ブラッド・ピット、ジュード・ロウなど数々のハリウッド・スターの吹替えを務めている森川智之、そして、レベッカ・ファーガソン演じるローズの声は、アニメ「テニスの王子様」の主人公・越前リョーマ役などを代表作に持つ皆川純子が担当。日本語吹替えでも、人気実力派声優コンビが迫真の演技で魅せる!

    【初回仕様】セル商品には、初公開となるディレクターズカット版が収録!

    【初回仕様】商品には、劇場で公開されていない"ディレクターズカット版"がブルーレイに収録!未公開シーンなど約28分が追加されている。

    呪われたホテルの惨劇を生き延びた少年が、なぜ、あのホテルに戻るのかー。 そして、彼は狂気に囚われた父と同じ運命を辿ってしまうのか?

    ストーリー
    40年前の雪山のホテルの惨劇を生き延びたダニー(ユアン・マクレガー)は、心に傷を抱えた孤独な大人になっていた。父親に殺されかけたトラウマ、終わらない幼い日の悪夢。そんな彼のまわりで起こる児童連続失踪事件。ある日、ダニーのもとに謎の少女アブラ(カイリー・カラン)からメッセージが送られてくる。彼女は「特別な力(シャイニング)」を持ち、事件を目撃していたのだ。事件の謎を追う二人。やがて二人は、ダニーにとって運命の場所、あの"呪われたホテル"にたどりつく。"呪われたホテル"の扉が再び開くとき、すべての謎が明かされるーーー

    キャスト(日本語吹替)
    ダン・トランス:ユアン・マクレガー(『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』(2020年3月公開)、『プーと大人になった僕』、『美女と野獣』)/森川智之
    ローズ・ザ・ハット:レベッカ・ファーガソン(『グレイテスト・ショーマン』)/皆川 純子
    アブラ・ストーン:カイリー・カラン/合田 絵利
    ビリー・フリーマン:クリフ・カーティス(『MEGザ・モンスター』)/白熊 寛嗣

    スタッフ
    原作:スティーブン・キング「ドクター・スリープ」(文春文庫刊)
    脚本・監督・編集:マイク・フラナガン(『ジェラルドのゲーム』)

    あなたへのオススメ作品