シェアする

    1/8発売『大脱出3』映像特典「撮影の舞台裏」一部初公開!

    2019.12.13 ブルーレイ,DVD & 4K UHD/デジタル配信

    2020年1月8日(水)にシルヴェスター・スタローン主演作『大脱出3』のブルーレイ&DVDを発売、レンタル開始いたします。また、同日よりデジタル配信を開始いたします。

    本作のブルーレイには、シリーズ初のR指定となった激しいアクションシーンの裏側や主演シルヴェスター・スタローンが監督や撮影について語る貴重な映像特典「撮影の舞台裏」が収録されています。その内容の一部を初公開いたします。

    50年の絆!主演シルヴェスター・スタローンが明かす、監督へ向けた長年の信頼と『大脱出3』製作エピソード!

    プリズン・ブレイク・アクション第3弾『大脱出3』のブルーレイに収録される映像特典「撮影の舞台裏」では、アクション界のレジェンド、シルヴェスター・スタローンが果敢に激しいアクションに挑む貴重な映像や、キャストと監督がシルヴェスター・スタローンについて語るインタビュー、さらに本作の舞台となる刑務所が名作として語り継がれている『ショーシャンクの空に』のロケ地であるといった映画ファンにはたまらないエピソードも収められている。

    公開されたスタローンとジョン・ハーツフェルド監督のインタビュー映像で、スタローンは「『大脱出』のコンセプトが好きだし監督のジョンの構想もすばらしいと思った」と本作を振り返っている。映画『コブラ』(1986)で俳優としてもスタローンと共演歴のあるジョン監督は、「50年来の付き合いでお互いよく知ってる」と明かし、スタローンが「私の人生はジョンに支配されてるのさ」と話すと、「そのとおり」と笑顔で返すなど、互いの強い信頼関係がうかがえる一幕も。スタローンは、「ジョンの人生の8割は知ってる。彼はすばらしい創造力の持ち主だ」と絶賛した。

    また、スタローンは、脚本の段階からジョン監督と一緒に案を練っていたことを明かした。昔ながらのアクション映画でエネルギーに満ちあふれた、心に訴えかける娯楽作品にしようと「ほぼ毎日会って話し合い、撮影中のセットでも意見を出し合ったよ」と当時を振り返った。実際に現場で演じてみると、よりいい案が浮かび脚本の内容が変わることも多かったという。また、スタローンは「撮影してみるとすばらしいシーンになる、ジョンは即興を好むんだ」と監督がキャストの提案を受け入れ、すぐに撮影を行う姿勢を分析した。

    本作は、「大脱出」シリーズにおいて初のR15+指定。今まで以上にシリアスな展開を繰り広げるなかで、より一層ハードなアクションに挑むシルヴェスター・スタローンは「本物の格闘が見られる。振り付けではない、ぜひ見てくれ」とメッセージで締めくくった。この度公開された一部の映像以外にも必見の貴重なメイキングを、ぜひ映像特典で確かめてほしい。

    あなたへのオススメ作品