シェアする

    「倒壊する巨塔 -アルカイダと「9.11」への道」9月11日ブルーレイ&DVD発売 / デジタル配信開始!

    2019.06.20 海外ドラマ

    FBI vs CIA!9.11の真実を描く、実録社会派サスペンス!

    海外TVシリーズ「倒壊する巨塔 -アルカイダと「9.11」への道」を2019年9月11日(水)よりブルーレイ&DVD発売、DVDレンタル、デジタル配信を開始いたします。

    ピュリッツァー賞受賞ノンフィクションを初映像化!

    『マーシャル・ロー』の脚本を担当したローレンス・ライトによる、ピューリッツァー賞受賞のノンフィクション小説を初映像化!アメリカ同時多発テロ「9.11」を題材に、丹念な取材に基づいてリアルに描いた社会派作品。実際の映像を交えながらもエンターテイメントに昇華した骨太なサスペンスドラマ!

    人類史上最悪のテロは、なぜ防げなかったのか...

    これまでの「9.11」を題材にした作品群とは一線を画し、テロに至るまでの経緯と、FBI と CIA との間にある確執を重層的に描き出す!クリントン政権からブッシュ政権の間に実施された失策や、調査委員会で平然と嘘をつく権力者にフォーカスし、アメリカの恥部をも隠すことなく晒す挑戦的な展開は見応え十分。FBI と CIA の対抗意識が、「9.11」の悲劇を引き起こしていく・・・

    各賞受賞の実力派キャスト&スタッフ陣!

    実在のFBI捜査官ジョン・オニールを演じるのは、「ニュースルーム」などで2度のエミー賞を受賞する名優ジェフ・ダニエルズ。さらに、セザール賞主演男優賞受賞のフランス人俳優タハール・ラヒム、『ニュースの天才』で各賞ノミネ ートを果たしたピーター・サースガード、『レッド・オクトーバーを追え!』のアレック・ボールドウィンらが脇を固める。

    また、製作総指揮には『カポーティ』『フォックスキャッチャー』でアカデミー賞にノミネートされたダン・ファターマン、『「闇」へ』でアカデミー賞®長編ドキュメンタリー映画賞、「ゴーイング・クリア:サイエントロジーと信仰という監禁」でエミー賞を受賞したアレックス・ギブニーが参加。高い実力を持つキャスト・スタッフ が、知られざるアメリカの暗部をリアルにえぐり出す!

    ストーリー

    1998年、CIAは東欧で、アルカイダの共同創設者アイマン・ザワヒリの側近であるアハマド・マブルクのアジトを襲撃し、ハードディスクドライブ(HDD)の入手に成功。HDDには工作員と50名以上の標的候補の名前があったが、CIAのマーティン・シュミットはFBIへの情報提供を拒否する。

    FBIで同じくアルカイダを追うジョン・オニールはこれに激怒し、ビン・ラディンを起訴するために独自ルートで捜査する事を決定。一方、マブルクがCIAによって拉致されたと知ったザワヒリは、「もう警告は終わりだ。」と宣言し、部下たちに行動を開始するよう指示を出す。それぞれの思惑が錯綜するなか、やがて東アフリカで事件が起こる...。

    キャスト&スタッフ

    ジョン・オニール:ジェフ・ダニエルズ
    アリ・スーファン:タハール・ラヒム
    マーティン・シュミット:ピーター・サースガード
    ダイアン・マーシュ:レン・シュミット
    ロバート・チェズニー:ビル・キャンプ
    ヴィンス・スチュアート:ルイス・キャンセルミ
    リチャード・クラーク:マイケル・スタールバーグ

    原作:ローレンス・ライト
    監督:クレイグ・ジスク
    製作総指揮・脚本:ダン・ファターマン、アレックス・ギブニー

    あなたへのオススメ作品