シェアする

    『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』エクステンデッド版には約7分の追加シーンを収録!

    2019.03.14 ウィザーディングワールド, ブルーレイ,DVD & 4K UHD/デジタル配信

    ニュートとダンブルドアの追加シーンを初公開!

    2019年4月24日(水)より、ハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のブルーレイ&DVDを発売・レンタル開始いたします。

    【数量限定生産】エクステンデッド版ブルーレイプレミアム・エディション、【初回仕様】<4K ULTRA HD&エクステンデッド版ブルーレイセット>、【初回仕様】3D&2D エクステンデッド版ブルーレイセット、【初回仕様】エクステンデッド版ブルーレイセットには、劇場公開版に約7分の未公開映像が追加された、ここでしか観られない"エクステンデッド版"が収録されます。

    また、3月20日(水)より先行配信されるデジタルセルでも"エクステンデッド版"をご覧いただけるほか、豪華キャストが集結した初日舞台挨拶時の模様など、デジタル限定の映像特典もご覧いただけます。

    公開されたのは、映画序盤で主人公のニュートとダンブルドアが再会を果たした直後のシーン。2人は人目を避けるため、"姿くらまし"(瞬間移動できる魔法)で何度か場所を変えながら会話をしており、エクステンデッド版ではその会話シーンが丸ごと1つ追加されている。

    本作では、前作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』でニュートがダンブルドアの指示でニューヨークに行っていたことが明かされているが、公開された映像では、ニュートがなぜニューヨークに行かされたのかをダンブルドアに尋ねている。その後の会話では、「黒い魔法使い」グリンデルバルドが、強大な力"オブスキュラス"を宿すクリーデンスを使ってダンブルドアを殺そうとしている事を本人も知っていた事がわかり、本作の衝撃的な結末の伏線となっている。

    エクステンデッド版にはこの他にも、魔法動物ニフラーやベビーニフラーの登場シーンが増えていたり、若きダンブルドアとマクゴナガルの会話シーンが追加されていたりと、ファンにはたまらない内容となっている。

    「魔法ワールド」公式サイトでは Pottermore コンテンツ日本語版を配信中!

    「魔法ワールド」公式サイトでは、原作者J.K.ローリングによる Pottermore コンテンツの日本語版を配信中!「ニュート・スキャマンダーが新しいタイプのヒーローと言われる理由」、本作でもストーリーの重要な鍵を握る「ニワトコの杖について分かっていること」など、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』をより楽しむことができる記事が盛りだくさんです。
    3月20日(水)には新作記事のアップを予定しています。

    「魔法ワールド」特集ページ URL:https://warnerbros.co.jp/franchise/wizardingworld/special/

    あなたへのオススメ作品