シェアする

    「シャープ・オブジェクト KIZU-傷-:連続少女猟奇殺人事件」2019年4月3日(水)ブルーレイ発売、DVDレンタル開始

    2019.01.18 海外ドラマ

    海外TVシリーズ「シャープ・オブジェクト KIZU-傷-:連続少女猟奇殺人事件」を2019年4月3日(水)よりブルーレイ発売、DVDレンタルを開始いたします。

    極限の新感覚サイコ・サスペンス!この主人公、この家族、この街、すべてが異常。
    驚愕のラスト3分まであなたは耐えられるか?

    ◆『ゴーン・ガール』原作者ギリアン・フリン衝撃のデビュー作を実写化
    『ゴーン・ガール』で一躍注目を浴びた原作者のギリアン・フリン。彼女のデビュー作「KIZU-傷-」は、英国推理作家協会2部門(最優秀スリラー賞・最優秀新人賞)を受賞しており、映像化された本作では、製作総指揮・脚本家として参加している。

    ◆全8話完結。イッキ観必須の新感覚サイコ・サスペンス
    主人公の女性記者が過去のトラウマと闘いながら、連続少女猟奇殺人事件の犯人を追っていく極限のサイコ・サスペンス。後味の悪いストーリー展開が、クセになって観れば観るほどハマってしまう。まるで8時間の映画を観ているような感覚はイッキ観必須。驚愕のラストにも注目。

    ◆ゴールデングローブ賞助演女優賞受賞!エミー賞®最有力候補、今注目の制作陣が贈るHBO最新作
    エミー賞®を多数受賞している「ビッグ・リトル・ライズ」のジャン=マルク・ヴァレが本作でも監督を務める他、『ゲット・アウト』『セッション』など話題作を作り続ける注目のプロデューサージェイソン・ブラムが製作総指揮として参加。良質なドラマを制作し続けるHBOだからこそ実現したクリエイターチームによる、見ごたえたっぷりの作品となっている。辛口レビューサイトRotten tomatoesでも93%フレッシュ※を獲得するなど高評価。第76回ゴールデングローブ賞リミテッドシリーズ/テレビムービー部門作品賞、主演女優賞、助演女優賞と3つの賞にノミネートされ、過干渉な毒親ぎみの母親という、難しい役柄を演じきったパトリシア・クラークソンが見事助演女優賞を受賞!エミー賞®へのさらなる期待も高まっている。
    ※2018年10月24日現在

    ◆演技派女優 エイミー・アダムスが TVシリーズ初主演
    『魔法にかけられて』主演以来、圧倒的な人気を誇る演技派女優エイミー・アダムスがTVシリーズ初主演を務める。さらに初めて製作総指揮としても参加。いびつな親子関係や過去に起こった事件によるトラウマが原因で、影がある病んだ女性記者を見事に演じ、第76回ゴールデングローブ賞リミテッドシリーズ/テレビムービー部門で主演女優賞にノミネートされるなど、女優としての注目度の高さが伺える。

    STORY

    独裁的で過保護な母親を持ち、幼少期にトラウマを抱えてしまった記者カミール・プリーカー(エイミー・アダムス)。アルコール依存症で自傷行為を繰り返し、精神病院を退院し、職場復帰したカミールだが、故郷の街ウィンド・ギャップで起きた猟奇的な連続少女殺人事件の取材を担当することになる。事件を追っていくうちに、過去のトラウマや母親との確執に葛藤しながらも真相を追っていく。

    CAST/STAFF

    【キャスト】
    カミール・プリーカー:エイミー・アダムス(佐古真弓)
    アドーラ・クレリン:パトリシア・クラークソン(唐沢潤)
    リチャード・ウィリス:クリス・メッシーナ(綱島郷太郎)
    ヴィッカリー:マット・クレイヴン(石住昭彦)
    アマ・クレリン:エリザ・スカンレン(森なな子)
    幼少期カミール:ソフィア・リリス(佐古真弓)

    【スタッフ】
    原作:ギリアン・フリン/監督:ジャン=マルク・ヴァレ
    製作総指揮:ジェイソン・ブラム、エイミー・アダムス、ギリアン・フリン

    あなたへのオススメ作品