シェアする

    『レゴ®DC スーパーヴィランズ』本作登場のヴィランたちを過去のゲームから大紹介!キュートになって憎めないヴィランたちに注目!

    2018.10.24 DCコミックス, ゲーム

    『スーサイド・スクワッド』のジョーカーにハーレイ、みーんな集合!大混乱が、やってくる!

    PlayStation®4とNintendo Switch™で10月25日(木)に発売を予定している『レゴ®DC スーパーヴィランズ』について、本作の主役として登場するヴィランについての追加情報を公開しました。全世界でヒットした「バットマン:アーカム・ナイト」で登場した「バットマン」に登場するヴィランのビジュアルと本作のビジュアルを比べてキャラクターをご紹介。特徴をつかみながらもキュートに憎めないアレンジのヴィランたちに注目して下さい。

    『レゴ®DC スーパーヴィランズ』は世界中のプレイヤーから高い評価を受けているレゴ®ゲームシリーズの最新作で、数々のレゴ®ゲームシリーズを手がけてきたTT Gamesが開発を担当しております。本作ではジョーカーやハーレイ・クイン、デスストロークなど、DCのコミックスや映画に登場する悪役(ヴィラン)が大集合しています。

    ジョーカー

    バットマンに登場するヴィランの中だけでなく、DCコミックスの中でも最も知名度が高いキャラクターの一人。無邪気に邪悪な愉快犯のような犯罪を行い、それを追跡するバットマンとのやり取りを心から楽しんでいるキャラクター。様々な小道具を武器として戦うのが特徴だが、そのコミカルさはレゴになった本作ではさらに拍車が掛かっている。

    ハーレイ・クイン

    映画「スーサイド・スクワッド」で有名なキャラクターの仲間入りを果たした「ハーレイ・クイン」は、元々精神科医をしており、アーカム・アサイラムでジョーカーの担当をしていた。接しているうちに次第にジョーカーに惹かれ、心身ともにジョーカーに尽くすヴィランになったエピソードがある。レゴになってもジョーカーに対してのラブラブパワーは健在どころかさらにスケールアップ?

    キャットウーマン

    時にはヒーロー側に、時にはヴィラン側に。作品によってその立ち位置を気まぐれなネコのように変えるのがキャットウーマン。自分が達成したい目的の為ならば誰とでも組むようで、実は損得勘定だけで動かない。そんなしたたかなキャラクターはレゴになっても健在?

    トゥーフェイス

    元検事であり、高潔な人物であったが、裁判中に酸をかけられたことで見た目も精神も大きくゆがんでしまったキャラクター。ゲーム内ではヒーローたちに追い詰められてピンチに陥ったヴィランたちの前に、同じように「表と裏」の二面性を持ったキャラクターのキャットウーマンと共に駆けつける!?

    ※好評発売中の「バットマン:アーカム・ナイト」のスクリーンショットや素材を使用しています。

    今後も最新トレーラーの公開や、様々な情報を発信してまいりますので、ご期待ください。

    あなたへのオススメ作品