シェアする

    『ヒットマン2』の新たな暗殺の舞台は木々が生い茂るジャングル新ロケーション「コロンビア」のトレーラーを公開!

    2018.10.10 ゲーム

    PlayStation®4、Xbox Oneで11月15日(木)に発売予定の『ヒットマン2』において、新ロケーション「コロンビア」を紹介するトレーラーを公開いたしました。

    本日公開したトレーラーでは、『ヒットマン2』に収録されている6つのロケーションの内のひとつ、初お披露目の「コロンビア」を紹介しています。これまで公開されたロケーション「マイアミ」は観客でごった返すレース会場が舞台でしたが、今回のロケーション「コロンビア」はジャングルが舞台です。鬱蒼と生い茂った木々から漏れ入る光の表現など、細部までこだわった美しいビジュアルにご注目ください。

    そして、ロケーションが変わっても確実にターゲットを仕留めるのが伝説の暗殺者エージェント47です。「コロンビア」では、村を牛耳るカルテルのリーダーがターゲットとなっています。原住民の村や、複雑に入り組んだ洞窟や廃墟、コカを栽培するカルテル、そして武装した護衛により厳重に警備されている邸宅などをかいくぐりながら、確実にターゲットへとたどり着かなくてはなりません。

    可燃ガスのボンベを開放し、ターゲットがタバコに火を着けた瞬間に大爆発、吹き飛んでいくターゲットを尻目にその場を立ち去る、茂みに隠れて敵兵士の後ろに近づきサイレントキル、倒した相手から迷彩服を奪い変装したエージェント47がターゲットに近づき、崖から蹴落とすなど、このロケーションならではの、様々な暗殺の手法をご覧いただけます。

    『ヒットマン』シリーズは、IO Interactiveが開発する、他にはない自由なゲーム性が人気の大ヒットステルスアクションゲームシリーズです。プレイヤーは伝説の暗殺者エージェント47となり、周囲の状況や自らの武器を使用し、様々な暗殺方法でターゲット抹殺のミッションに挑戦します。目的がターゲットの抹殺ただ一つなのに対し、暗殺方法は多種多様。変装、ステルス、交戦、妨害など何でもあり、中には「こんなのあり!?」なユニークな方法も存在します。

    最新作となる『ヒットマン2』でもその自由度は健在。太陽光が焦げ付く街中から暗く危険な熱帯雨林まで、世界中に散らばるサンドボックス型のステージを駆け巡り、周囲の状況や自らの武器を使用し、様々な暗殺方法でターゲットを仕留めることができます。1つのステージでも異なる方法でターゲットを仕留めたり、一度逃すともう二度と現れない、エルーシブ・ターゲットが出現したりと、何時間でも楽しむことができるボリューム満点の作品です。

    今後も様々な情報をお届けいたしますので、『ヒットマン2』の最新情報にご期待ください。

    あなたへのオススメ作品