シェアする

    『ヒットマン2』凶器紹介ムービー第2弾を公開!

    2018.10.03 ゲーム

    PlayStation®4、Xbox Oneで11月15日(木)に発売予定の『ヒットマン2』の凶器紹介ムービーの第2弾を公開いたしました。

    本日公開された2つのムービーでは、凶器紹介ムービー第2弾として、ターゲットの暗殺のためなら手段も道具も厭わないエージェント47が「魚」、「素手」を使って容赦なくNPCを仕留めていく様子をご覧いただけます。
    「魚」編のムービーでは、警備スタッフに変装してキッチンに潜入し、さりげなく魚を入手します。その後ウェイターを別室に誘導し、思い切り勢いをつけて魚で後頭部をヒット!ウェイターはその場で気絶し倒れてしまいます。
    もちろん伝説の暗殺者であるエージェント47は後処理も欠かしません、気絶したウェイターはちゃんと冷蔵庫に隠します。前作ではフグの毒を使用した暗殺が可能でしたが、本作ではついに、魚そのものを使用してターゲットダウンをすることが可能になりました。

    さらにエージェント47はどこでも使える「素手」という強力な武器も持っています。トレーラーではまさに、身の回りのものを変幻自在に凶器にかえるエージェント47の姿を楽しんでいただけます。この自由な世界で、どんな物でも凶器にする鮮やかな手口をぜひご覧ください。

    また本動画の公開にあわせてPRアンバサダーのマフィア梶田氏による「魚」編、「素手」編、「スナイパーライフル」編の写真を公式HPや、公式SNSで公開いたしました。ミッション中のエージェント47さながらに殺気をまとった迫力ある写真となっておりますので、すでに公開中の「注射器」編、「消火器」編、「ハンドガン」編とあわせてお楽しみください。

    『ヒットマン』シリーズは、IO Interactiveが開発する、他にはない自由なゲーム性が人気の大ヒットステルスアクションゲームシリーズです。プレイヤーは伝説の暗殺者エージェント47となり、周囲の状況や自らの武器を使用し、様々な暗殺方法でターゲット抹殺のミッションに挑戦します。目的がターゲットの抹殺ただ一つなのに対し、暗殺方法は多種多様。変装、ステルス、交戦、妨害など何でもあり、中には「こんなのあり!?」なユニークな方法も存在します。

    最新作となる『ヒットマン2』でもその自由度は健在。太陽光が焦げ付く街中から暗く危険な熱帯雨林まで、世界中に散らばるサンドボックス型のステージを駆け巡り、周囲の状況や自らの武器を使用し、様々な暗殺方法でターゲットを仕留めることができます。1つのステージでも異なる方法でターゲットを仕留めたり、一度逃すともう二度と現れない、エルーシブ・ターゲットが出現したりと、何時間でも楽しむことができるボリューム満点の作品です。

    今後も凶器紹介ムービーはもちろん、他にも様々な情報をお届けいたしますので、『ヒットマン2』の最新情報にご期待ください。

    あなたへのオススメ作品