シェアする

    これを見れば『ヒットマン2』がわかる!【HOW TO ヒットマン2 パート2「暗殺の心得」編】を公開!

    2018.09.28 ゲーム

    PlayStation®4、Xbox Oneで11月15日(木)に発売予定の『ヒットマン2』のゲームシステムを紹介するトレーラーの第2弾【HOW TO ヒットマン2 パート2「暗殺の心得」編】を本日9月28日(金)に公開いたしました。

    『ヒットマン2』ではステルス性こそがミッション成功のカギですが、そのミッションをサポートするための新要素として進化を遂げた「ミニマップ」や、新システム「ピクチャー・イン・ピクチャー」などを本 トレーラーでは紹介しています。

    「ミニマップ」は常にターゲットの位置を指し示し、また正体を見破られるなどの危険も警告してくれます。映像では本システムを使用しターゲットに近づいてミッションを遂行、危機迫る現場から颯爽と逃れる様子を紹介しています。

    「ピクチャー・イン・ピクチャー」は重要なできごとをゲーム画面に「警告」としてリアルタイムに表示するシステムです。映像では、ノックアウトした体を隠しそびれミッションに影響を与えかけるも、本システムを使用して現場に急行し、鮮やかに危機を回避するシーンをご覧いただけます。
    また、新たにグリッド表示機能の加わった監視カメラなど、『ヒットマン2』にはこの他にも新機能のゲームシステムが多数登場します。

    『ヒットマン』シリーズは、IO Interactiveが開発する、他にはない自由なゲーム性が人気の大ヒットステルスアクションゲームシリーズです。プレイヤーは伝説の暗殺者エージェント47となり、周囲の状況や自らの武器を使用し、様々な暗殺方法でターゲット抹殺のミッションに挑戦します。目的がターゲットの抹殺ただ一つなのに対し、暗殺方法は多種多様。変装、ステルス、交戦、妨害など何でもあり、中には「こんなのあり!?」なユニークな方法も存在します。

    最新作となる『ヒットマン2』でもその自由度は健在。太陽光が焦げ付く街中から暗く危険な熱帯雨林まで、世界中に散らばるサンドボックス型のステージを駆け巡り、周囲の状況や自らの武器を使用し、様々な暗殺方法でターゲットを仕留めることができます。1つのステージでも異なる方法でターゲットを仕留めたり、一度逃すともう二度と現れない、エルーシブ・ターゲットが出現したりと、何時間でも楽しむことができるボリューム満点の作品です。

    今後も様々な情報をお届けいたしますので、『ヒットマン2』の最新情報にご期待ください。

    あなたへのオススメ作品