シェアする

    ファンタビ&ハリポタの大ファン!桐谷美玲さんハリー・ポッター魔法ワールド公式アンバサダー就任!更に、特別予告映像も解禁!

    2018.09.21 ウィザーディングワールド, 劇場作品

    世界中で約900億円の興行収入をたたき出し、日本でも73.5億円の大ヒットとなって魔法のような"ファンタビ"現象を巻き起こした『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。そして今年、ハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が11月23日(金・祝)から全国ロードショーとなります。最新作では、主人公のニュートとその仲間たち、ティナ、クイニー、ジェイコブはもちろん、ジュード・ロウが演じるニュートの恩師・ダンブルドア先生や、ジョニー・デップが演じる最強の敵・グリンデルバルドが登場するなど、さらにパワーアップした作品に。

    桐谷さんは、小学生時代に「ハリー・ポッター」の小説を読んで以来、魔法ワールドの魅力にどっぷりとハマってしまい、小説は全巻読破はもちろん、映画はすべて映画館で鑑賞しているほか、USJのハリポタエリアもプライベートで訪れるなど、筋金入りの「ハリポタ」&「ファンタビ」ファン。アンバサダーに就任する事が決まって桐谷さんは、「お話を聞いたときに本当にいいんですか!とういう気持ちでいっぱいでした。初めて本を読んだときからずっとファンで、本も映画も全て観ていましたし、ファンタビももちろん観ていたので、大好きな作品のアンバサダーになれて凄く嬉しいです。」と喜びを爆発させた。また最新作について「ホグワーツやダンブルドア先生が出てきたりして、ハリー・ポッターの世界ともどんどん繋がっていく物語になっていくのでそこに期待しています。」コメントをいただきました!

    桐谷美玲さんオフィシャルインタビュー

    Q:「ハリー・ポッター」魔法ワールドのアンバサダーに就任して、今のお気持ちをお聞かせいただけますでしょうか?
    A:桐谷さん:お話を聞いたときに本当にいいんですか!?とういう気持ちでいっぱいでした。初めて本を読んだときからずっとファンで、本も映画も全て観ていましたし、ファンタビももちろん観ていたので、大好きな作品のアンバサダーになれて凄く嬉しいです。

    Q:ハリー・ポッターシリーズとの出会いのきっかけは何でしたか?
    A:桐谷さん:小学生の頃に「ハリー・ポッターと賢者の石」の本が発売されて、クラス中大ブームで、映画化もされて家族で観に行って。魔法の呪文を練習したりしていましたね。

    Q:ハリー・ポッター魔法ワールドの好きなところ、特に伝えたい!と思う魅力はどんなところでしょうか?
    A:桐谷さん:こんな魔法が本当に使えたら楽しいんだろうなと思えるような素敵な魔法が沢山あって、ハリー・ポッターの世界でもファンタビの世界でもそういうものが沢山増えているところと、仲間との絆がすごく丁寧に描かれていてこういうは仲間最強だなって思えます。あの世界観が大好きなので、観て貰えばわかると思うんですけど、あの世界観にどっぷりと浸ってもらいたいです。

    Q:ファンタビの中で好きなキャラクターは?
    A:桐谷さん:みんな魅力的ですが、一人だけ人間のジェイコブ。とにかくいい人ですよね。ちょっとコミカルで、魔法が使えない人間だ からこそのリアクションが面白かったり、そういうところが好きです。

    Q:ファンタビの最新作ではどんなところに期待していますか?
    A:桐谷さん:ホグワーツやダンブルドア先生が出てきたり、ハリー・ポッターの世界ともどんどん繋がっていく物語になっていくのでそこに期待しています。

    Q:女性目線でニュートの魅力はどんなところですか?
    A:桐谷さん:かわいい所です。ちょっと不器用で人見知りっぽいところや、だけど魔法動物たちを本当に大切にして愛しているところがすごく可愛いです。でもちょっとおっちょこちょいなところが母性本能をくすぐられます。

    Q:もし魔法が使えるならどんな魔法を使って、どんなことをしたいですか?
    A:桐谷さん:片付けの魔法を使いたいです。振るだけで部屋中綺麗になったら最高ですよね。片付けはしますけど、魔法でできたらいいなって思います。

    Q:映画に登場する魔法動物や魔法、魔法アイテムで使ってみたいもの、好きなものがありましたら教えてください。
    A:桐谷さん:ニフラーが可愛いです。こんなに見た目が可愛いのに、ちょっといたずらなところがあって憎めないし、でもニフラーにだったらいたずらされても許せちゃうような愛らしさがあるので、飼いたいですね。家にいたら楽しいだろうなって思います。

    Q:これまでに魔法にかけられたのではないかと感じたような出来事はありましたか?
    A:桐谷さん:足つぼマッサージの後とか。(笑)空が飛べそうなくらい体が軽くなります。

    Q:魔法使いではないかと感じるような人はいますか?
    A:桐谷さん:冷蔵庫にあるものだけでちゃちゃちゃとご飯が作れる人。すごいなと思います。レシピを見なくても目分量で作っても美 味しくなる人。私の母親もそうですがかっこいいですよね。

    桐谷さんのアンバサダーとしての活動は、秋にパリで盛大に行われる予定のワールドプレミアを現地取材し、レポートをするという大役に加え、テレビCMにも登場予定となっており、キラキラと魔法のように輝く桐谷さんの活躍にますます目が離せません。映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は11月23 日(金・祝)全国公開。

    あなたへのオススメ作品