シェアする

    矢口史靖監督 初のミュージカルコメディ『ダンスウィズミー』製作決定!!

    2018.07.25 劇場作品

    『ウォーターボーイズ』(01)、『スウィングガールズ』(04)、『ハッピーフライト』(08)など大ヒット作を生み出してきた矢口史靖監督が"ミュージカル"に初挑戦!ヒロインは監督史上最大級のオーディションで三吉彩花が抜擢!

    矢口監督は、これまでどちらかというと"ミュージカル"に抵抗感があったというが、自ら監督・脚本を務める今作では、「観終わって映画館を出る時、リズムに体が揺れ、自然と鼻歌を歌ってしまう。そんなスーパー・エンタテインメント作品にしたいと思っています。」と意気込みを語った。

    「曲が流れると、歌わずに、踊らずにいられない」という"ミュージカルスターの催眠術"を掛けられてしまう主人公・静香を演じるのは、Seventeen誌のトップモデルとして絶大な人気を誇り、"女子高生のカリスマ"とも呼ばれた三吉彩花。昨年惜しまれながら同誌を卒業し、「25ans」や「ELLE Japon」誌でモデルを務めるほか、女優として数々のテレビドラマ、映画へ出演。またTVCMへもひっぱりだこの若手注目株である。特技のダンスを生かし、歌って踊れる約500人の応募者の中からオーディションを勝ち抜き、主役の座を獲得。本格的なダンスと歌のレッスンを行い、ミュージカルシーンすべての歌とダンスを吹き替えなしで撮影に挑む。

    2019年、日本発のハッピーミュージカルコメディが誕生する!

    2019年、全国ロードショー

    あなたへのオススメ作品