シェアする

    登坂広臣×中条あやみ大型ラブストーリー企画の全貌が遂に明らかに!! 全てのカギを握る映画のタイトルは『雪の華』

    2018.06.27 劇場作品

    世代や国を超えて愛され続ける冬ラブソングの名曲『雪の華』が監督 橋本光二郎『orange-オレンジ-』×脚本 岡田惠和『8年越しの花嫁 奇跡の実話』で映画化!

    2月27日(火)に発表され大きな話題となった三代目J Soul Brothers登坂広臣と中条あやみが共演する大型ラブストーリー企画。タイトルやストーリーが全てシークレットという事で、「一体どんな作品なのか?!」と注目を集めた本作の全容が、撮影のオールアップを迎えて遂に解禁!気になる映画のタイトルは、『雪の華』。今年発売から15周年を迎える冬ラブソングの名曲、中島美嘉の「雪の華」が最高のラブストーリーとして映画になる。日本をはじめ、韓国・中国などのアジア各国や欧米でも数えきれないほどカバーされ、世界中で愛されつづける名曲が、映画という新しい形になり新たな物語を紡ぎだす。

    登坂が演じるのはガラス工芸家を目指すぶっきらぼうだがまっすぐな青年・綿引悠輔(わたびきゆうすけ)。中条が演じるのは、幼い頃から病弱で、余命宣告を受けながらも憧れの地<フィンランド>に行くことを夢見る平井美雪(ひらいみゆき)。そして、本作のメガホンを取るのは、『orange-オレンジ-』(15)や『羊と鋼の森』(18)で知られる橋本光二郎監督。脚本は『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(17)、「ひよっこ」(17/NHK)など数々の名作映画・ドラマを生み出してきた岡田惠和(よしかず)。漫画・小説を原作とする作品が多い昨今に、同じく楽曲をモチーフにして大ヒットした『涙そうそう』(06/興行収入31億円)、『ハナミズキ』(10/興行収入28億円)の系譜を継ぐオリジナル作品としての映像化となる。今も多くの人に愛される冬の名曲「雪の華」が彼らの手によって、どのように映画化されるのか期待が高まる。

    高岡早紀、浜野謙太、田辺誠一 実力派キャストも集結!!

    脇を固める実力派俳優陣も発表。美雪の母親・平井礼子(ひらいれいこ)には高岡早紀、悠輔たち兄弟を見守る先輩・岩永(いわなが)に浜野謙太、そして美雪の担当医師・若村(わかむら)に田辺誠一が決定!一流キャストと豪華製作陣によるアンサンブルで、最高のラブストーリーが誕生します。

    初の本編映像も公開!!中島美嘉の歌声にのせて、登坂広臣・中条あやみの切ない表情が胸に迫る。

    今回解禁になったのは、20秒の超特報映像。「雪の華」のイントロに乗せて「神様、どうか一度だけ、私に恋をください。」という美雪の願いで始まる映像で、中島美嘉の透き通る歌声に乗せて、フィンランドと東京、それぞれの美しい景色を織り込みながら、雪の中で切なげに見つめあう登坂・中条の表情が胸に迫る映像になっている。

    公式HPと公式Twitterも同時にオープン!!

    公式サイト:http://yukinohana-movie.jp

    公式Twitter:https://twitter.com/yukinohanamovieハッシュタグ:#雪の華

    映画『雪の華』2019年2月全国ロードショー

    あなたへのオススメ作品