シェアする

    全世界でNO.1大ヒットスタート!!松井珠理奈「巨獣の大きさに負けないくらいの感動」大絶賛の嵐が止まらない!!

    2018.04.17 劇場作品

    全米でNO.1大ヒットスタート!!

    本作は、最新を誇る遺伝子実験の失敗によって、巨大化が止まらなくなってしまったゴリラ、オオカミ、ワニの巨獣達が街中で大暴れするという作品。その巨獣たちに立ち向かうのは、人類最強の男、「ロック様」ことドウェイン・ジョンソン(元WWE世界王者8度制覇の最強プロレスラー)!!

    日本公開に先駆けて4月13日(金)に、全世界で公開された本作は、イギリス、中国、ロシアなど主要国を含めた、なんと世界16ヶ国で週末興収No.1を叩き出し、大ヒットスタートしました!!

    全米では13日~15日までの週末3日間で3,450万ドル(約37億円※1ドル=107円換算)を記録し、初登場第1位。(※4/16 Box Office Mojo調べ)

    昨年の12月に公開され全米で3週連続No.1の大ヒット作となり話題となった同じく、ドウェイン・ジョンソン主演作『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』に続いての主演作の大ヒットスタートに、全米だけでなく世界中でロック様の巨大化が止まりません!!

    また興行成績だけではなく、作品の評価も巨大化中で、「ストーリー性も十分あり、個性的なキャラクターたちに色づけられた本作は、必ずや観に来たお客を満足させて帰らせるだろう」(フォーブス)など、巨獣たちの大乱闘の先にある本作の奥深さに、大絶賛の嵐が止まらず、作品の質の高さも伺えます。

    さらに日本でも本作を一足早く観た著名人からの絶賛の声が巨大化中!

    巨大な人食い熊「赤カブト」と犬たちの死闘を描いた、1980年代の週刊少年ジャンプ(集英社)に連載された「銀牙 ―流れ星 銀―」の漫画家高橋よしひろ(※週刊漫画ゴラク(日本文芸社)で「銀牙 THE LAST WARS」を連載中)は、「うらやましいくらい、自分では描けないものが全て入っている映画。お世辞じゃなく、本当にすごい作品、巨大な作品だと思います。ジョージみたいなゴリラを描いてみたい。」と漫画では描くことができない本作の世界観を大絶賛!

    女性アイドルグループSKE48の松井珠理奈は「巨獣の大きさに負けないくらいの感動!オオカミがあんな上まで飛んでくるとは!」と未だベールに隠されているストーリーに予想外に感動をしたようでした。

    映画コメンテーターの有村昆は「「シンプル・イズ・ザ・ベスト」とにかく、デカけりゃいいのだ!最近はあれもこれもと「幕の内弁当」的な作品が多い中、この映画は「焼肉弁当」と割り切っている!!漢なら黙って「ランペイジ」を喰らうべし!」とカロリー高めな本作を絶賛!

    映画ライターの斉藤博昭は、「モンスターパニック映画に期待するものが、ここに最大限でぶっ込まれ、もう大満腹!ありえないデカさ、ありえない暴走と痛快さでラスト30分は、まばたきするのも惜しいほど。アドレナリン全放出の爽快感を味わった!」と迫力のバトルシーンを褒める!

    映画評論家の森直人は、「マジで呆然&驚愕!本当にキングコングやゴジラから一切の理屈を省いたミュータント的進化形ですよ!こりゃ手がつけられないなあ......人類、無理かもなあ......と「しっかりしろ、俺!」くらいに気が遠くなってました」と巨獣の圧倒的なパワーに降参寸前に!

    もはや巨大なヤツらを目の前にすると、無駄な抵抗はやめて、大絶賛するしかない!?

    映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』5月18日(金)全国ロードショー

    あなたへのオススメ作品