シェアする

    「ワンダーウーマン」尼神インターとAYA登壇の大ヒットイベント開催!

    2017.08.30 DCコミックス, 劇場作品

    女性監督の興行成績歴代1位の偉業を達成し世界興行収入880億を突破、全米では『アナと雪の女王』、『ハリー・ポッター』全シリーズを超える興行成績を収め、一大ムーブメントとなっている『ワンダーウーマン』。

    25日(金)より公開されるやいなや、木下優樹菜や佐藤かよらがSNSに絶賛のコメントを投稿するなど、芸能にでも話題になっている本作は、ワンダーウーマンとスティーブのラブストーリーが描かれており、女性からの支持が高く大ヒット中。ワンダーウーマンのロマンスやまっすぐで強い姿に感動し、泣けたという大傑作との声が上がっている。8月30日(水)に、この春、上京したばかりで早くも人気急上昇中の女芸人コンビ尼神インターと、クロスフィットトレーナーとしてテレビへも出演しているAYAが、『ワンダーウーマン』の大ヒット記念イベントに登壇。ワンダーウーマンのコスチュームにプロのガチメイクで登場し誰だか分からないほどの"最強美女戦士"となった尼神インターの姿に、会場が騒然となった。

    尼神インターの2人がセクシーなワンダーウーマンのコスチュームに身を包み、プロのヘアメイクによるガチメイクを施して登場。誰だか分からないほどの変身っぷりに会場は一時騒然となった。いつものブサイクなイメージからは想像できない美女となった2人は、登場するやずっといい女風のポーズで写真を撮られることに酔っているようで、MCから誰ですか?と聞かれると「尼神インターです!」と自ら名乗ると会場からは笑いが溢れた。渚は「スカートがNGなので。女なのに、女装している気分」と。誠子も渚の姿に「初めてみた!」と驚いていた。2人の変わりっぷりにMCを務めたおもしろ佐藤(御茶ノ水男子)も「誠子が似合ってて奇跡が起きてる!これネットでバスるやつじゃん」と驚いていた。憧れのワンダーウーマンのコスチュームを着た誠子は「初めての島でのアクションがとにかくすごくて息をのみます。初めて"女性だけの島"で戦いになるシーンがとにかくかっこいい!」、渚は「感動もあるし、恋愛もある。私もあんまり恋愛経験がないので憧れてキュンキュンしてました。女性ホルモン出ます!」と、ワンダーウーマンへの愛を語った。


    "今まで付き合ったことがない"と公言している誠子を渚が「ワンダーウーマンみたいな恋したいわ~。誠子とワンダーウーマンは今まで付き合ったことがないって共通点があるやん」とイジると、誠子は「スティーブが付き合ってくれって言われたら付き合ってもいい。」といつもの上から目線の勘違い発言で会場を沸かせ、気になる男性がいるのかと聞かれた誠子は「ずっと藤崎マーケットのトキさんに片思いしてて、8回振られてるので、そろそろ現実的になろうかと。」と前置きしつつ、「今好きなのは高橋一生さんですね。1回会えば惚れさせられる自信がある。彼、私みたいな女、絶対好きですよね。」とまさかの告白に会場を沸かせた。そして、劇中に登場し、縛られた相手が真実を告白してしまう"真実の投げ縄"で縛られた渚は、「最近仕事して、こいつ色気あるやんと思ったのが有吉さん。言うつもりなかったのに!」とまさかの"ガチ告白"に再び笑いを誘った。

    ワンダーウーマンになりきった2人だが、気になる人へアプローチするには"スタイル"が全然ダメということに気付いた2人。そこで、土屋太鳳や中村アン、森星、黒木メイサ、すみれなど、名だたる女優や女性タレントのパーソナルトレーナーであり、そのストイックすぎるトレーニングが注目を集めている"最強の美女トレーナー"AYAが登場。『ワンダーウーマン』オリジナルのエクササイズを2人に伝授することに。一見簡単に見えるエクササイズを真似する2人だが、意外にリズム感がなく、タイミングがズレてしまう渚に会場からは笑いが。「私は美しくなれる!」という掛け声と共に順調に進める誠子だったが、エクササイズの意外なハードさに、せっかくガチメイクを施した顔がゆがみ、テンポに追い付いていけず、最後はグダグダに。ハードなエクササイズをなんとか終えた2人にAYAが「きれいになる気まったくないですよね」と厳しい言葉を投げかけると、誠子は「元が良かったんで、甘えてました。」と調子に乗り会場を更に沸かせた。


    最後に映画の見どころを聞かれた誠子は「今、口コミで広がっているように、実は感動の泣ける映画なんです。私も彼女のロマンスに、本当に泣いてしまいました。ぜひ女性の方に観てほしいです!」と、渚は「最愛の人への愛と、人類愛がすごい。春に上京したばかりだったので帰りたくなりましたけど、ワンダーウーマンのように故郷を離れても頑張ろうと思いました。」としっかりアピール。さらにAYAも「"美しくぶっ飛ばす"って本当にこういうことだなと思って、感動して泣きました。」と見どころを伝え、イベントは大盛況のうちに幕を閉じた。


    あなたへのオススメ作品