はたらく細胞

作品情報

はたらく細胞 CELLS AT WORK! 日本 ©清水茜/講談社 ©原田重光・初嘉屋一生・清水茜/講談社 ©2024映画「はたらく細胞」製作委員会

ようこそ!笑って泣けてタメになる―― 
はたらく細胞ワンダーランドへ!

細胞を擬人化したマンガ『はたらく細胞』(清水茜・講談社「月刊少年シリウス」所載)。連載開始から話題沸騰、瞬く間に大人気。アニメ化や多くのスピンオフ作品を生み出すなどその勢いはとどまることを知らず、シリーズ累計発行部数1000万部を超えるメガヒットを記録。そして今回、ついに実写映画化が実現した。永野芽郁=赤血球・佐藤健=白血球(好中球)のW主演に加え、人間の親子役で芦田愛菜・阿部サダヲの出演が決定!
日本屈指の大ヒットメーカー武内英樹(『翔んで埼玉』『テルマエ・ロマエ』)が監督を務め、アクション演出は大内貴仁(『るろうに剣心』『幽☆遊☆白書』)、CG制作は日本最高の技術力を誇る白組が担当。
日本エンタメ界を代表するドリームチームが、誰も見たことのない独創的でユニークな世界を作り上げる。
映画館だからこそ楽しめる唯一無二の映像体験。
この冬、あなたの体の中が壮大な物語の舞台に!

ストーリー:

映画史上最“小”の主人公-――その名は、細胞。
人間の体内の細胞、その数なんと37兆個。
酸素を運ぶ赤血球、細菌と戦う白血球、そのほか無数の細胞たちが、あなたの健康と命を守るために日夜全力ではたらいているのだ。
高校生・漆崎日胡(芦田愛菜)は、父親の茂(阿部サダヲ)と二人暮らし。
まじめな性格で健康的な生活習慣の日胡の体内の細胞たちは、いつも楽しくはたらいている。
一方、不規則不摂生に日々を過ごす茂の体内では、ブラックな労働環境に疲れ果てた細胞たちがいつも文句を言っている。
親子でも体の中はえらい違いだった。仲良し親子のにぎやかな日常。しかし、その体内への侵入を狙う病原体たちが動き始める…。
漆崎親子の未来をかけた、細胞たちの「体内史上最大の戦い」が幕を開ける!?
 

クレジット:

■原作:清水茜『はたらく細胞』(講談社「月刊少年シリウス」所載)
原田重光・初嘉屋一生・清水茜『はたらく細胞BLACK』(講談社「モーニング」所載)
■監督:武内英樹
■脚本:徳永友一
■音楽:Face 2 fAKE
■出演:永野芽郁 佐藤健 芦田愛菜 / 阿部サダヲ

ムービー

ワーナー映画の最新情報

ワーナー映画関連ニュース

  • 16 Jul
    映画『ツイスターズ』豪華キャスト集結!熱狂吹き荒れるワールドプレミア開催!
  • 12 Jul
    "写ルンです"で振り返る!超貴重な撮影の裏側 【映画『ブルーピリオド』特別試写会舞台挨拶オフィシャル…
  • 12 Jul
    超豪華キャスト&監督が"ブルー"カーペットに登場!【映画『ブルーピリオド』 渋谷プレミア オフィシ…
  • 09 Jul
    映画『ツイスターズ』竜巻モンスターに立ち向う!とにかく明るい安村の服は強風で...⁉"安心できない"…
  • 09 Jul
    目指せXトレンド入り!7月10日(水)開催:映画『ブルーピリオド』渋谷プレミアをみんなで盛り上げよう…

あなたへのオススメ作品