シェアする

    余命10年

    作品情報

    余命10年 The Last Ten Years 2022年 日本 未申請

    小松菜奈×坂口健太郎 W主演!“涙より切ない”ベストセラー恋愛小説を映画化!

    2017年の発売以来、ただの恋愛小説にとどまらない、切なすぎる小説としてSNS等で反響が広がり続け、現在すでに50万部を突破している「余命10年」(小坂流加著/文芸社文庫NEO刊)を、『新聞記者』(第43回日本アカデミー賞6部門受賞)『ヤクザと家族 The Family』の藤井道人監督がメガホンを取り、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(16年公開)、さらには『糸』(20年公開)の大ヒットが記憶に新しい小松菜奈。連続テレビ小説にも出演し精力的に活動の幅を広げる坂口健太郎。初共演となる最旬実力派の2人のW主演で映画化。原作小説の著者(小坂流加)は、茉莉と同様に難病を抱え本作の文庫化を待たずして亡くなっており、著者の遺した想いを引き継ぎ、全身全霊で演じる。脚本は『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(17年公開)『雪の華』(19年公開)など等身大の若者のラブストーリーを描き、多くの大ヒット感動作を世に放ってきた岡田惠和、渡邉真子が担当。さらに劇伴音楽は、人気ロックバンド「RADWIMPS」が担当。RADWIMPSが映画全編の音楽を手掛けるのは、新海監督作品のアニメ映画『君の名は。』、『天気の子』に続き3作目。実写映画の劇伴音楽を手掛けるのは本作が初挑戦となる。

    ストーリー:

    数万人に一人という不治の病で、余命が10年であることを知った20歳の茉莉(まつり)。彼女は生きることに執着しないよう、恋だけは決してしないと心に決めていた。しかし地元の同窓会で和人(かずと)と出会い、茉莉の10年は大きく動いていく……。

    クレジット:

    原作:小坂流加「余命10年」(文芸社文庫NEO刊)
    監督:藤井道人
    脚本:岡田惠和 渡邉真子
    出演:小松菜奈、坂口健太郎
    音楽:RADWIMPS

    ムービー

    ワーナー映画の最新情報

    ワーナー映画関連ニュース

    • 27 Oct
      『DUNE/デューン 砂の惑星』続編制作決定! PART TWOは2023年、日本公開!
    • 26 Oct
      『DUNE/デューン 砂の惑星』全世界興行収入2億2000万ドル突破!全米ほか34ヵ国で初登場1位!
    • 26 Oct
      映画『ノイズ』本予告、本ポスター、新キャストが解禁!2022年1月28日(金)公開
    • 23 Oct
      イーストウッドが描く真の[強さ]とは? 映画『クライ・マッチョ』日本版予告解禁!
    • 22 Oct
      グリーンバックでの撮影はわずか2シーンのみ!映画『DUNE/デューン 砂の惑星』メイキング映像解禁!

    あなたへのオススメ作品