シェアする

    ノイズ

    作品情報

    ノイズ 2020年 日本  ©筒井哲也/集英社©2022映画「ノイズ」製作委員会

    殺した。埋めた。バレたら終わり。

    藤原竜也・松山ケンイチW主演の新感覚サスペンス映画『ノイズ』。ともに幾多の超個性的なキャラクターを怪演し、その圧倒的な演技力と存在感で日本映画界を代表する俳優だ。この2人の初共演といえば映画『デスノート』シリーズだ。シリーズ累計興行収入は 100 億円を超え、世界各国で上映されいまも語り継がれる映画史に名を残す伝説の“ライバル”が、今作ではサイコキラーの死体を隠す“共犯”という難役に挑む!
    原作は「予告犯」「マンホール」やフランスで ACBD 賞、国内では文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞している「有害都市」などを手掛け、日本のみならずヨーロッパでも絶大な人気を誇る鬼才・筒井哲也が 2017 年から 2020 年まで集英社「グランドジャンプ」で連載し、<鬼気迫る緊張感、衝撃のサスペンス!>と絶賛された全3巻のコミック。
    メガホンを取るのは廣木隆一監督。『ヴァイヴレータ』で国際的な評価を得て、今年は NETFLIX『彼女』でも話題の日本映画界を代表する名監督が、愛知県の全面協力を得て知多半島にて撮影し、最強キャストとともに全く新しいサスペンス映画を作り上げた。

    ストーリー:

    広い海にぽつりと浮かぶ、猪狩(ししかり)島。世間から見捨てられ過疎化が進む中で、この島が突然、注目される。島の復興を願う泉圭太(藤原竜也)が生産に成功した色鮮やかな“黒イチジク”がSNSで大人気となり、国からの交付金5億円が内定したのだ。
    復興のきざしが見え始めたある日、圭太、彼の幼なじみの田辺純(松山ケンイチ)、島の新米警察官の守屋真一郎(神木隆之介)は、島に突如現れた不気味な男を誤って殺してしまう…
    『人を殺したんだぞ…島も家族も俺達も…終わりだよ…』
    『…無かったことにしませんか…?』
    島の復興と家族の生活を守るため、3人は死体を隠すことを決意する。 ところがその男は、出所したばかりの元受刑者のサイコキラーで、彼の足取りを追う刑事が島を訪れる──。

    クレジット:

    キャスト:藤原竜也 松山ケンイチ
    原作:筒井哲也「ノイズ【noise】」(集英社 ヤングジャンプ コミックス GJ 刊)
    監督:廣木隆一
    脚本:片岡翔 音楽:大友良英 企画・プロデューサー:北島直明

    ムービー

    ワーナー映画の最新情報

    ワーナー映画関連ニュース

    • 23 Dec
      映画『そして、バトンは渡された』週末8週連続TOP10入りで遂に興行収入16億円突破!『キャラクター…
    • 21 Dec
      初登場No.1大ヒット!映画『マトリックス レザレクションズ』に絶賛の声続々!
    • 17 Dec
      主題歌はB'z書き下ろし楽曲「リヴ」!映画『嘘喰い』本予告解禁!
    • 15 Dec
      映画『余命10年』2022年3月4日(金)公開決定! 主題歌はRADWIMPSによる「うるうびと」!
    • 14 Dec
      ファンタビ最新作の物語の一部が遂に明らかに!ダンブルドアの秘密とは!?全世界待望の特報&場面写真初解…

    あなたへのオススメ作品