シェアする
    DCコミックス

    Lucius Foxルーシャス・フォックス

    アルフレッド・ペニーワースがバットの影の立役者――ダークナイトの理性の声であり心の支え――だとしたら、ルーシャス・フォックスはブルース・ウェインの影の立役者である。必要なテクノロジーやガジェットを提供しながら、単独でウェイン・エンタープライズの経営を維持している。

    ルーシャスはCEOとしてブルース・ウェインの超巨大企業の経営戦略を統括しており、倫理を守りながらも確実に利益を確保している。非常に知的で比類ないほどのビジネスの才覚を持ち合わせており、経営状態を安定させるという重役を担っている。そのおかげで、ブルースはバットマンという夜の姿に打ち込むことができるのだ。ルーシャスがブルースのやっていることを完全に把握しているかどうかは定かではないが、「無関係だという証拠」のレベルを保っておきたいということは認めている。とにかく、ルーシャスは研究開発プロジェクトへの資金配分を任されており、それはダークナイトの目的達成にとって非常に有益なことなのである。

    その高い見識とビジネスに対する洞察力によって、ルーシャス・フォックスはアルフレッドやゴードン署長と共にダークナイトにとって貴重な人材となっており、彼なしではバットマンの成功は不可能とまでは言わなくても、はるかに難しくなることだろう。

    キャラクター情報

    拠点 ゴッサム
    初登場 BATMAN #307 (1979)
    関連キャラクター

    ルーシャス・フォックス