シェアする
    DCコミックス

    Jimmy Olsenジミー・オルセン

    見ることは信じることである。世界にあまりに多くの情報があり、話はこれまでになく速く流れ、何を信じるべきか判断するのは難しい。しかし、良い写真は当てにならない不確実なことを解消してくれる。それがある種の悪行の証明でも、過去の断片でも、閉じたドアの背後でののぞき見でも、そして空を飛べる男の証拠でも。これこそがジミー・オルセンがしていることである――デイリー・プラネットのフォトジャーナリストとして、千の単語に等しい価値のある写真を撮ってきた。

    ずば抜けて聡明で熱心な若者であるジミーは、フォトジャーナリスト兼駆け出しの新聞記者として、この新聞社の名誉あるスタッフの一員になった。ジミーはよくある新人としての試練に直面した――メトロポリス全域およびその他の地域をも仕事で駆けずり回り、手掛かりを追跡し、同僚のコーヒーの注文をやりくりした。ジミーの貢献と情熱は報われ、何とかペリー・ホワイト編集長に気に入られるようになり、花形記者のロイス・レーンとよく組んで仕事をするようになった。

    ジミーにはさらに強力な立場の友人もいる。ジミーはクラーク・ケントとスーパーマンの相棒になり、ついには両者が同一人物であると知ることになった。しかし、親密な関係にもかかわらず、ジミーは決してマン・オブ・スティールの能力を羨むことはなかった――一時的に力を得る変化を経験したことはあったが――また、スーパーマンの力を私欲に使おうとすることもなかった。ジミーは自分がしてきたことにより、スーパーマンに触発され、周囲の人々や社会に良い影響を与えることができた。ジミー・オルセンには超人的な力はないが、誰の中にも存在するヒーローになる可能性を示してくれている。

    キャラクター情報

    拠点 メトロポリス
    最適な武器 カメラ
    初登場 SUPERMAN #13 (1941)
    関連キャラクター ビザロ レックス・ルーサー ロイス・レーン スーパーマン

    ジミー・オルセン