シェアする

    『レゴⓇニンジャゴー ザ・ムービー』出川哲朗アフレコ公開オーディションで痛恨の役柄言い間違い!

    2017.08.16 LEGO, 劇場作品

    本作の日本語吹替え版声優に決定した出川哲朗さんの公開アフレコイベントを実施!

    出川哲朗さんがどの役柄の声優に採用されるのかは、何と当日様々なキャラクターのアフレコを行い、その出来次第で決定するという、前代未聞の"公開オーディション"アフレコイベントとなりました。

    出川さんのアフレコを応援&審査を行う特別ゲストとして本作の主人公・ロイドの声優を演じる松井恵理子さんも登場し、アフレコ収録を盛り上げました!

    実はまだ何の役をするのか決まっていない出川さん。MCによると公開オーディションによって、出川さんの役が決定するとのこと。主役をやりたいと話す出川さんですが、主人公ロイド役はすでに決まっており、なんとこの会場にロイドの声を担当する松井恵理子さんが登場!出川さんは松井さんを見て「ええ~~この人、男の人ですよね?今までもずっとやっているんですか?じゃあなんのオーディション、これ!?」と戸惑いを隠せない様子。MCより出川さんが公開オーディションで成果を出せば、主人公ロイドになる可能性があると説明を受けた出川さんは、「そんなことはない」とガックリとした表情を見せました。そんな出川さんの様子をみた松井さんは「海外では声優が変わっていたりするんです」と声優界の裏話を教えてくれ、出川さんは「そうなんですか?すみません、パニックになってしまって」と元気を取り戻しました。

    トップバッターの松井さんのアフレコを見た出川さんは「え~グダグダになりますよ~」と不安げな様子。そんな出川さんに、松井さんが出川さんが声を吹き替える時に手を出してサポートしてくれることに。MCから練習をしてみるかと問われると出川さんは「本番でいい!そもそも芝居なんて何テイクもするものではないから!」と、頼もしい返事をしアフレコに挑戦!アフレコでなんと悪役である"ガーマドン"を"ガードマン"と痛恨のミスをし、会場のマスコミ陣から失笑が沸き起こりました。しかし、出川さんの感情のこもった演技は素晴らしく、久保ディレクターからは「素晴らしかった!」、松井さんから「感情がこもっていて初めてとは思えなかった。出川さんのアフレコは緊張感というか、感情を込めて喋られていたので、さすが役者だと思います」と太鼓判を押されました。

    松井さんと出川さんの公開アフレコオーディションは終了し、ディレクターから出川さんに決定した役名が書かれた紙を渡され、出川さんの役名は"家来3人"に決定!!そのうち1役は水辺の兵士3とのことで、出川さんは「僕は遂にこんな映画のアフレコのオファーがくるなんてと正直超喜んだんだけど・・・」ショックを隠せない様子。ディレクターからは「すごく良かったかと思います。でも、出川さん良かったんですが致命的なことが。出川さんガ―マドンをガードマンと言っていたんで、90分の尺があるのでいちいち直すのが大変」とダメ出しを受け、MCからは小学生から家来にしたいランキングに出川さんなので抜擢したということを明かされると、出川さんは「もう決まっていたんじゃん!!」と地団太を踏みました。そんな出川さんを見ていた久保ディレクターから「家来がいやだったらサメ将軍①はどうかな」と提案を受け、役柄が家来から昇格することに成功!

    しかし、出川さんはまだサメ将軍①でも物足りないようで、「朝から茶番に付き合わせて申し訳ない!残念な結果になってしまいましたが、やっている間に連ドラでよくあるようにちょい役がどんどん増えていくことがあるので、最初は一言二言かもしれないが、サメ将軍の出番をどんどん増やしていきたい!」と、更なる役柄ゲットに意欲を見せ、イベントは笑いに包まれた中終了しました。

    詳しくはこちらから→ http://legoninjagomovie.jp

    あなたへのオススメ作品