シェアする

    『レゴバットマン ザ・ムービー』おかずクラブさん・ 小島よしおさんが登壇!悪役キッズたちと レゴダンスで仲間に!!

    2017.03.29 LEGO, 劇場作品

    バットマンやスーパマンなど思い思いに大好きなヒーローの恰好をした子供たちが集まった満席の会場に、映画『レゴⓇバットマン ザ・ムービー』で"パンイチボーイ"ロビンの日本語吹替版声優を担当した小島よしおさん、市長役を担当したおかずクラブ・オカリナさん、そしてレゴバットマンが登場し、観客からは黄色い歓声が起きました!


    小島さんが演じた正義の味方ロビンについて「バットマンに憧れている少年なんですけど、空回りを結構してしまうんです。パンイチのキャラは僕にぴったりですし、お笑いの現場でも空回りしているので感情移入もしてしまいました」と自身のキャラクターと似ていることを明かしました。さらに、セクシー芸人のオカリナさんは、自身で演じたセクシーな女市長について、オカリナさんは「ゴッサムシティの市長なんですが、ちょっとだけ頼りない部分があるんです。そういった女の弱さとセクシーさを兼ね備えているからから選ばれた原因だと思っています」と言いながら、正義の味方ロビンを演じた小島さんに「頼りになる男」と熱~いセクシーな視線を向けました。


    おかずクラブのゆいPさんは街を襲う悪役の一人であるポイズン・アイビーの声を担当したのですが、劇場にはまだ姿がありません。MCからゆいPさんについて小島さんとオカリナさんは問われますが、今日は来れないとの答えが。すると場外から「ちょっと!私がいないのに、イベントがスタートしているってひどいじゃない!あーバットマンじゃない!キスしてバットマン」と叫びながら、ゆいPが日本語版吹替を担当したポイズン・アイビーを彷彿とさせるグリーンのセクシーな恰好で乱入!オカリナはびっくりして逃げ出し、小島さんはバットマンを守ろうとゆいPさんを突き飛ばします。するとゆいPさんは「こうなったら世界中のワルを呼ぶしかないわね!」と仲間を呼び出し、客席からジョーカーやヴォルデモートの恰好をした子供たちが登場!ゆいPさんはバットマンを誘惑しようと突進しますが、うまくいきません!ゆいPさんと"世界中のワル"たちに苦戦する小島さんは「こうなったらレゴバットマンをやってみんなをやっつけるぞー!!」と、会場でレゴⓇバットマン体操をスタート!「GOGOGOGOGOGOレゴー!」という掛け声とともにレゴのエルのポーズを腕で作ったり、元気いっぱいにBGMに合わせてダンスを披露すると、会場から手拍子が起こり、小島さんをはじめオカリナさん、ゆいPさん、そして"世界中のワル"たちも一緒に踊り出し、みんなが一つになって一件落着しました。


    小島さんは「仲間と力を合わせて敵をやっつける映画なんですが、大人も子供も楽しめます。大人は大人になればなるほど友達が出来づらかったりしますが、大人になってからも改めて絆を自分と当てはめて欲しいです」、ゆいPさんは「声優を一緒にやらせていただいたんですが、小島さんとオカリナさんが本当に上手いので是非見てほしいです。また、喧嘩をしている友達と観てほしいです。なんで喧嘩するのか理由が分かる映画」と見どころポイントを教えてくれました。MCから衣装が政治家のようだと突っ込まれたオカリナさんは「(自分は)土井たか子さんにすごく似ていると思う(笑)」と言いながら「今回初めて『バットマン』シリーズを観させていただいたんですが、ストーリーも分かりやすくてぐっとくる部分があるので観てほしいです。清き一票を入れてください。女性リーダーを応援してください」と、劇中の市長というキャラクターさながらに真面目に(!?)本作をアピールし、会場は熱気に包まれた中イベントは幕を閉じました。

    詳細はこちらから: http://bit.ly/2ngVMU9


    あなたへのオススメ作品