シェアする

    ゲラート・グリンデルバルド:これまでのあらすじ

    ヴォルデモート卿が魔法界を恐怖に陥れるかなり前に、グリンデルバルドという、魔法に執着し、より大きな善のために、魔法界を支配しようとする闇の魔法使いがいました。これは、彼の物語です・・・・・・

    1.グリンデルバルドの子供時代

    グリンデルバルドは1883年頃に生まれました。生まれた場所はわかっていません。若き魔法使いとして、彼は、闇の魔術を教えることで有名なヨーロッパの魔法学校、ダームストラング専門学校に入学します。

    しかし学校は、歪んだ闇の実験を行った事や、他の生徒に致命的な攻撃を与えた事を理由に、グリンデルバルドを退学処分にします。彼がわずか16歳のときでした。

    2.死の秘宝

    学生時代から力に執着していたグリンデルバルドは、ことのほか、魔法界で最も強力な3つの秘宝"死の秘宝"に夢中になります。秘宝のシンボルは三角形で、ニワトコの杖、蘇りの石、のちにハリー・ポッターが所有することになる透明マントを表現しています。

    3つすべてを手にした者は'死を制する者'となると言われています。グリンデルバルドはこのシンボルを自分の名刺代わりに、ダームストラング校の壁に刻みました。

    3.ゴドリックの谷

    ダームストラング校からの退学処分を物ともしない若きグリンデルバルドは、イギリスにあるゴドリックの谷へと向かい、そこで大叔母であり、「魔法史」の著者として有名なバチルダ・バグショットの家に泊めてもらいます。その村には、死の秘宝を最初に所有した三兄弟のひとり、イグノタス・ペベレルの家がありました。さらに、ダンブルドア一家の故郷でもあります。

    アルバス・ダンブルドアはその夏、ホグワーツ魔法魔術学校を卒業し、希望に燃えていましたが、多くの悲劇が家族を襲い、傷ついていました。母親の死によって、アルバスは一家を支える当主となりましたが、逃げ場を失ったように感じていました。

    4.ダンブルドアとグリンデルバルド

    ダンブルドアはグリンデルバルドの中に同じものを感じ、ふたりは切っても切れない友情を結び、死の秘宝に夢中になっていきます。グリンデルバルドがアルバスに、"より大きな善のために"と称した、マグルの世界を魔法使いが支配する計画について語ったとき、アルバスはグリンデルバルドの考え方に魅了されます。

    その友情はすぐに、アルバスの家族に不穏な緊張感をもたらします。両親が亡くなったことで、アルバスは問題を抱えた妹アリアナ、弟アバーフォースの面倒を見なくてはなりません。2人の熱烈な友情や、死の秘宝への執着が、弟アバーフォースをある行動へと駆り立てます。

    アバーフォース、グリンデルバルド、アルバスとの間に起こった三つ巴の決闘は、妹アリアナが激しい戦いに巻き込まれ命を落とすという悲劇に終わります。アルバスとグリンデルバルドの友情も終わりを告げ、グリンデルバルドは逃亡。妹の墓のそばで、アルバスはアバーフォースに鼻が折れる程、殴られました。

    5.ニワトコの杖

    ヨーロッパの旅の道中、グリンデルバルドは同志を集め、ニワトコの杖を探し始めます。そして杖作りのグレゴロビッチのもとからそれを盗み出し、"より大きな善のために"パワーを掌握するという野望を追いかけていきます。意外にも、彼はイギリスを避けていましたが、それはおそらく、ダンブルドアを恐れていたからかもしれません。

    6.グリンデルバルドとクリーデンス

    数年後、MACUSAの闇払いパーシバル・グレイブスになりすましたグリンデルバルドは、もう一人の多感な青年クリーデンス・ベアボーンと出会います。クリーデンスが、感情を抑圧され、制御不能な危険な魔力を放出する、オブスキュリアルであることを知ったグリンデルバルドは、彼を利用し、北アメリカの魔法界を危険にさらし、ダンブルドアに対抗する武器を作り出そうとします。

    魔法動物学者ニュート・スキャマンダーの助けを借り、MACUSAはグリンデルバルドを捕らえます。魔法界をマグルの目に触れさせないようにする法律である、国際機密保持法の廃止に意欲を燃やすグリンデルバルドは、逮捕されても、その闇の計画をやめようとはしませんでした。

    CREDIT: COURTESY OF POTTERMORE
    出典:POTTERMORE
    映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』2018年11月23日(金・祝)全国ロードショー
    https://warnerbros.co.jp/franchise/wizardingworld/bluray/